サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WECとIMSAの団結で”夢の扉”が開かれた……ペンスキー、ル・マン復帰も?

ここから本文です
 アメリカの伝説的なレーシングチームのオーナーであるロジャー・ペンスキーは、FIA世界耐久選手権(WEC)とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権が共通の新たなプロトタイプカテゴリー”LMDh”の導入を決めたことで、ル・マン24時間レースに復帰するための扉が開いたと話した。

 ペンスキーはこれまで、ル・マン24時間を2回戦っている。1回目は1963年にドライバーとして参戦。その後、71年にチームオーナーとして参戦し、どちらもフェラーリのマシンを使った。

おすすめのニュース

サイトトップへ