サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ルノー、EV向けバッテリー素材の調達でフィンランド企業と合意…次世代ラインナップ拡大へ

ここから本文です

ルノーグループ(Renault Group)は10月8日、フィンランドのテラフェームから、EV向けバッテリー素材の硫酸ニッケルを調達することで合意した、と発表した硫酸塩。

この合意により、ルノーグループはテラフェームから、年間最大15GWhの硫酸ニッケルを調達する。これにより、次世代のEVラインナップを拡大していく。

ルノーグループは2025年までに24の新型車を発売し、その半分はC/Dセグメント車とする。また、少なくとも10車種はフルEVとする計画で、2025年までに電動化の分野におけるリーダーを目指す。

おすすめのニュース

サイトトップへ