サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツが2019年度も「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」の実証実験に参画

ここから本文です

「アトレーワゴン」をベースとした実験車両を提供

ダイハツは、日本総合研究所が主催する「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」におけるローカルMaaSの実証実験に参画する。

ダイハツのDNGA第二弾は5ナンバーSUV!「ロッキー」の名が復活

この実証実験へ参画する背景・目的としてダイハツは、将来的に「住み続けられるまちづくりや元気あるまちづくり」の実現に貢献する「持続可能なモビリティサービス」が必要と考え、2017年度より日本総研との連携を開始。2018年度からこのコンソーシアムに参画してきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ