サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツが2019年度も「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」の実証実験に参画

ここから本文です

ダイハツが2019年度も「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」の実証実験に参画

「アトレーワゴン」をベースとした実験車両を提供

ダイハツは、日本総合研究所が主催する「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」におけるローカルMaaSの実証実験に参画する。

ダイハツのDNGA第二弾は5ナンバーSUV!「ロッキー」の名が復活

この実証実験へ参画する背景・目的としてダイハツは、将来的に「住み続けられるまちづくりや元気あるまちづくり」の実現に貢献する「持続可能なモビリティサービス」が必要と考え、2017年度より日本総研との連携を開始。2018年度からこのコンソーシアムに参画してきた。その実証実験の結果から、2019年度はコンソーシアムが検討する「自治会などとの連携を通じて実現する地域の自助・共助と民間サービスとの組み合わせによる移動サービスのエコシステムづくり」におけるモビリティのあり方について検討するため、引き続き実証実験に参画する運びとなった。

具体的には、前年度の検証結果をもとに改良を行った軽自動車サイズの車両を提供。新たな移動サービスの受容性と事業性を検討するべく、乗降性などの車両機能改良のみならず住民間の交流や商店等の活性化のため、車内広告や地域のコミュニケーションツールとしての活用が可能な車載ディスプレイを新たに設置した。また、車載端末より遠隔で車両データや車載カメラの映像データを収集、可視化できる体制を整え各種データの活用および将来の自動運転を見据えた遠隔監視システムの運用方法についても検証を行うという。なお、この実証実験においては自動運転ではなく交通事業者の運転士が手動で運行する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します