サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産ノートがフルモデルチェンジ。日本市場向けにボディサイズを小さくしてe-POWERのみの展開に

ここから本文です

日産ノートがフルモデルチェンジ。日本市場向けにボディサイズを小さくしてe-POWERのみの展開に

2020年11月24日、日産自動車がコンパクトカーであるノート(NISSAN NOTE)をフルモデルチェンジを発表。2020年12月23日に車両価格202万9500円~218万6800円で発売される。

ブランドエンブレムも新たに、新世代日産モデルの第1弾となる新型ノート
日産がノートの3代目へのフルモデルチェンジを発表した。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

従来モデルは2012年にデビューし、2016年11月の一部改良で日産の新ハイブリッドパワートレーン「eパワー(e-POWER)」を搭載するという大役を任されたモデルである。それまで日本市場で多く普及していたハイブリッドシステムと異なり、エンジンは発電のためだけに稼働し、駆動をモーターのみで行うシリーズハイブリッドカーだ。

モーター駆動のスムースさやトルクフルな走りの新鮮さ、また低燃費さなどから注目を浴び、年間販売台数ランキングで2017年に2位(約13万9000台)、2018年に1位(約13万6000台)、2019年に2位(約11万8000台)とトップ3に名を連ねてきた。ガソリンエンジン搭載モデルも含まれる台数だが、eパワーモデルは70%近くを占めるほどの人気だった。

そして新型ノートはeパワーのみのラインアップとなってデビューすることになった。しかも、従来モデルやセレナ、キックスに搭載されるシステムを第1世代とし、新型では第2世代へと進化。最高出力は6%向上されて85kW(約116ps)に、最大トルクは10%大きく280Nmへとスペックを高め、小型化・軽量化も果たしている。ただ、数値上の進化よりも静粛性や滑らかさに重きを置いた開発が行われたという。

前述のとおりeパワーに採用されるエンジンは発電専用であり、従来モデルではドライバーの意図しないタイミングで稼働を始めてエンジン音を意識されやすかった。そこで新型では走行中、とくに荒れた路面のようにロードノイズの大きくなりがちなシーンでエンジンをONに、逆に滑らかな路面ではなるべくOFFにするような制御を組まれている。タイヤホイールからの入力情報をセンシングして制御する世界初の技術だという。

また、アクセルペダルをOFFにした時に発生する減速も滑らかに強くなるように制御したり、停車時や超低速域では常にクリープ現象を発生するようになるなど、走行や駐車時などの操作性や快適性などを向上させているという。

ボディは最近のモデルにしては珍しくサイズダウンしている。全幅(1695mm)や全高(1520mm)は変わっていないが、全長を55mm短くして4045mmとしているのだ。これにより、ライバルと言われてきたホンダフィット(3995mm)やトヨタ アクア(4050mm)などに近い大きさとなった。

これまではグローバルカーとして欧州や北米、アジアなど数多くの市場で販売されてきたが、新型は一部東南アジアを除いてほぼ日本専売となる。そのため、国内需要に即した設計を行ったためだという。

従来モデルに採用されていなかった先進運転支援システムである「プロパイロット」は、ナビリン機能を新たに追加して搭載される。これは高速道路において同一車線走行をサポートするACC(アダプティブクルーズコントロール)機能使用時に、カーナビとプロパイロットが連携することで、制限速度の変化やカーブの大きさに応じて速度を加減するというもの。ドライバーの安心と、操作を減らすことで安全性向上と疲労軽減を果たす。

エクステリアデザインでは、フロントマスクを見てわかるとおり新しいNISSANエンブレムを装着した新世代デザインを採用。Vモーショングリルとヘッドライトは一体化させるデザインで、Vモーションを形づくるラインをボディサイドまで伸ばし、キャラクターラインやパネルの継ぎ目を排したデザイン手法を採用する。

このほかにも横一文字に伸ばされたテールランプユニットや、ルーフラインとリアクオーターガラスなど、ひと足先に公開された電動SUVアリアに共通するシンプルさとプレミアム性を演出するデザインとなる。

インテリアにおいてはデジタルメーターパネル(7インチ)とセンターディスプレイ(9インチ)を、段違いで繋げるように配置されたバイザーレスディスプレイが目を引く。またセンターコンソールは少し高めに設定されてひじを置きやすく、またシフトノブの下には大きな収納スペース、500ml紙パックを収められる格納式ドリンクホルダーなど、収納に見せない配慮も行われている。

グレード展開は3つ、すべて1モーターのFWDで202万9500円から218万6800円に設定され、2020年12月23日の発売を予定する。ただし、このすぐ後に2モーターの電気式4WDモデルもデビューを控えており、こちらは2020年12月発表、2021年2月の発売を予定している。

日産 ノート ラインアップ
S(FWD):202万9500円
F(FWD):205万4800円
X(FWD):218万6800円

日産 ノート S 主要諸元
●全長×全幅×全高:4045×1695×1520mm
●ホイールベース:2580mm
●車両重量:1220kg
●駆動用モーター:EM47型 交流同期電動機
●モーター最高出力:116ps/2900−10341rpm
●モーター最大トルク:280Nm/0−2900rpm
●発電用エンジン:直3 DOHC
●排気量:1198cc
●最高出力:82ps/6000rpm
●最大トルク:103Nm/4800rpm
●駆動方式:FWD
●WLTCモード燃費:28.4km/L

[ アルバム : 日産 新型ノート はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します