サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > いい”伸び”・夢気分。マクラーレン代表、サインツJr,抜群のスタートにご満悦「いい写真が撮れた」

ここから本文です

 アルガルヴェ・サーキットで行なわれたF1第12戦ポルトガルGP。その決勝レース序盤は近年のF1では信じられないような驚きに満ちた展開が待っていた。


 メルセデス勢がフロントロウを独占するという見慣れた光景から始まったレースだったが、マクラーレンのカルロス・サインツJr.はソフトタイヤのアドバンテージを生かしてポジションを7番手から一気にアップ。2周目に“首位”に躍り出たのだ。 

■苦戦続くベッテル、フェラーリへの不信感も危険水域に突入? 待遇差に関し意味深発言

 サインツJr.は6周目にバルテリ・ボッタス(メルセデス)にかわされるまでトップでレースをリード。最終的に6位でのフィニッシュとなったが、レースにおける大きな見せ場を提供した。

おすすめのニュース

サイトトップへ