サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 圏央道「狭山PA」外回り 秩父名物を使った「わらじカツカレー」に出会った バイクで行く高速道路グルメ

ここから本文です
 埼玉県秩父市の名物「わらじとんかつ」は、その名の通り「草鞋(わらじ)」のような形と大きさが特徴です。ご当地B級グルメ「わらじカツ丼」にも使われ、ツーリングライダーの空腹を満たす人気の定番メニューにもなっています。

 圏央道を移動中に「狭山PA」(外回り)に立ち寄ったところ、フードコートのメニューにそんな名物を載せたカレーライス「わらじカツカレー」(930円)を見つけたのでオーダーしてみました。標準はカツ1枚とライス並盛ですが、カツ2枚やライス大盛りを選ぶこともできます。また、「わらじカツ丼」も同様にカツの枚数とご飯の量を選べるようです。

おすすめのニュース

サイトトップへ