サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラッセル、大クラッシュから1日が経ち謝罪文を発表「感情が高ぶり、我を忘れてしまった」|F1エミリア・ロマーニャGP

ここから本文です
 ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGPでメルセデスのバルテリ・ボッタスと接触し、激しくクラッシュした。事故直後はお互いに批判しあっていた両者だが、ラッセルは自身のSNSに謝罪文を掲載した。

 事故直後、ラッセルはボッタスがポジションを守ろうと自分をコースから押し出そうとしたと考えており、大破したマシンから下りた彼はボッタスの下に向かい、ヘルメットを叩きながら抗議。ボッタスも、中指を立ててそれに応戦した。

おすすめのニュース

サイトトップへ