サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダF1『RB16』のシェイクダウンを終えたフェルスタッペン「すべて順調。とてもポジティブな一日」

ここから本文です

レッドブル・ホンダF1『RB16』のシェイクダウンを終えたフェルスタッペン「すべて順調。とてもポジティブな一日」

レッドブル・ホンダF1『RB16』のシェイクダウンを終えたフェルスタッペン「すべて順調。とてもポジティブな一日」

 レッドブル・レーシングは、2月12日、2020年型F1マシンRB16・ホンダのシェイクダウンを、イギリスのシルバーストン・サーキットで行った。ステアリングを握ったマックス・フェルスタッペンは、「ポジティブな一日だった」と振り返った。

 チームはレギュレーションで認められたフィルミングデーの制度を利用し、デモ走行用のタイヤを装着して走行距離を100kmに制限されるなかで、新車のシェイクダウンを行った。2020年はF1プレシーズンテストが昨年よりも2日減らされ6日間となっているため、テストを最大限に活用するため、事前のチェックを行うことは重要だった。

【動画】2020年ホンダF1サウンドがコースに轟く。初走行のレッドブルRB16に「速いね!」とアルボンが笑顔

 フェルスタッペンは2.638kmのナショナルサーキットを使ってマシンを走らせ、アクシデントに見舞われることなく走行プランを完了した。

「今日初めてRB16に乗った。とてもポジティブな一日だったよ」とフェルスタッペンは言う。

「前回F1マシンに乗ってからかなり時間がたっていたから、今朝走ることをすごく楽しみにしていた。マシンを始動して、いつもの手順に取り掛かったわけだけど、その前から新しいマシン、新しいエンジンはどういう感じなんだろうという期待感があった」

「今日はフィルミングデーに過ぎないが、大事なのはマシンを走らせて、感触をつかみ、小さな問題を見つけ出し、基本的にバルセロナに着く前にすべてのことを把握しておくことだ。幸い今日はすべてのことがスムーズにいった」

 アレクサンダー・アルボンは、この日は走行しなかったものの、サーキットを訪れてニューマシンのシェイクダウンの様子を見守った。

「僕にとっては、今日ここに来て、マックスやチームスタッフから、最初のフィードバックを得ることが重要だった」とアルボン。

「今日は寒かったね! でもすべてがとてもスムーズに進み、バルセロナに向けていい状況のようだ。もちろん今日はフィルミングデーにすぎないけれど、それでもわくわくしたよ。ウィンターテストでマシンに乗るのがとても楽しみだ」

 スペイン・バルセロナでのF1プレシーズンテストは19日にスタートする。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します