サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺F1テクニカルディレクター「もらい事故……またもクラッシュ絡みで、レッドブルには悔しい結果」|F1ハンガリーGP

ここから本文です
 レッドブル・ホンダにとって、F1ハンガリーGPは悔しい結果となった。1周目のターン1で、メルセデスのバルテリ・ボッタスがマクラーレンのランド・ノリスに追突したことを発端とした多重クラッシュに2台ともが巻き込まれてしまったのだ。

 マックス・フェルスタッペンはマシンに大ダメージを受け、最後まで走り切ることはできたものの10位でフィニッシュするのが精一杯。チームメイトのセルジオ・ペレスは、このクラッシュの直後にコース上にマシンを止め、リタイアすることになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ