サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 大都市の信号機を協調制御する手法---豊田中央研究所と東大が共同開発

ここから本文です

豊田中央研究所と東京大学は2月10日、量子コンピュータの一種である量子アニーリングマシンを使って大都市の信号機群を協調制御する手法を開発したと発表した。

今回、都市全体の交通状況を考慮した信号機群の最適制御を、量子コンピュータの一種である量子アニーリングマシンを用いて全体として最適化する技術を開発した。

交通流の偏りを最小化するように各交差点の信号機の状態を決める最適化問題を、各時刻で量子アニーリングマシンによって求解した。これによって大規模な最適化問題を解くことができる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン