サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 小型で個性派3列SUV!! ホンダ クロスロードは今だったら売れたかも!!? 【偉大な生産終了車】

ここから本文です

小型で個性派3列SUV!! ホンダ クロスロードは今だったら売れたかも!!? 【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

【祝 N-WGN生産再開!! 新型タフトは7月?? ほか】 新車情報続々最新販売レポート

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はホンダ 2代目クロスロード(2007-2010)をご紹介します。

●【画像ギャラリー】いま見てもスタイリッシュ! ホンダ クロスロードの画像をギャラリーでチェック!!!

文:伊達軍曹/写真:HONDA

■車格アップのCR-Vユーザーの受け皿として登場したクロスロード

 低床ミニバンである2代目ホンダ ストリームの車台を流用して作られた3列7人乗りのクロスオーバーSUV。

 3列シートにしたことの是非は別として、シンプルでシュッとしたルックスから「これは売れるかも?」と思われたが、結果としてまるで売れず、わずか3年半で廃番となってしまった悲運のSUV。

 それが、2代目ホンダ クロスロードです。

二段バンパーを採用しタフさとシャープさを表現。アッパーバンパーはオーバーフェンダーと分離させ、ボディをホールドする形状でがっしりとした存在感を生み出している

 1993年登場の初代クロスロードは純粋なホンダ車ではなく、英国ランドローバー社のクロカン四駆「ディスカバリー」のOEM供給版でした。

 その初代クロスロードは1998年に販売終了となりましたが、約10年の時をおいて2007年2月、「車名は同じだけどまったく別の車」として登場したのが2代目クロスロードです。

 2代目クロスロードの車台は前述のとおり、人気の底床ミニバンだった2代目ストリームから流用したもの。

 そこに、これまたストリームと同系統の1.8Lおよび2Lユニットにi-VTECを付けたエンジンを搭載しています。

 ちなみにこのエンジンは8代目シビック(FD型)が搭載したものと同じで、踏めばけっこう速いのですが、ジェントルに運転すれば燃費も良好であるという、なかなか素敵なエンジンでした。

 そこに組み合わされたトランスミッションは5速ATで、駆動方式はFFと4WDの2種類です。

コンセプトを「タフ・モダン・インテリア」とし、骨太で安心感を抱ける室内でありながら、洗練され、多人数が乗車した際も狭さを感じさせない空間作りに腐心

 そういった車台に、いかにもクロスオーバーSUVっぽいデザインのボディと乗車定員7名の3列シートを組み合わせたのが2代目ホンダ クロスオーバーなんですが、3列シート車とはいえ、そのボディサイズは比較的小ぶりでした。

 まぁ全幅が1755mmだったため3ナンバー枠にはなってしまいましたが、全長4285mmという適度な短さは、3代目からはプレミアムクラスへと移行してしまったCR-Vユーザーの受け皿として最適。なおかつ「いざというときは7人乗れる」ということもあって、大ヒット作になるかどうかは別として「そこそこ売れるんじゃないか?」と予想した人は多かったようです。

 しかしフタを開けてみると2代目クロスロードの売れ行きはパッとせず、月販目標である「3000台」は発売3ヵ月後からすでにクリアできなくなり、以降は「月販せいぜい数百台レベル」という存在になってしまいました。

 そのためホンダは早々に見切りをつけ、2010年8月には生産を終了。2代目クロスロードは約3年半という短い「生涯」を終えたのです。

■諸説あるも…クロスロードが消えてしまった本当の理由とは

 2代目ホンダ クロスロードがてんで売れず、あっという間に廃番となってしまった理由。それは……「よくわかりません!」ということになります。

 いろいろ言われている理由のひとつに、「全長が短い車なのに無理やり3列シートにしたから(しかもその3列目が簡易的で薄っぺらいから)」というのがあります。

 確かにそうなんですが、あれはホンダも「あくまで補助的なモノ」として作ったはずですので、普段は畳んでおけばいいだけの話。ということで、これは本質的な理由ではないように思えます。

 また「デザインがGMのハマーのパクリだから売れなかった」という見方もあるようです。筆者は2代目クロスロードがハマーのパクリであるとまでは思いませんが(多少マネたな……とは思いますが)、そのあたりをいちいち気にしながら買う・買わないを決めるのはカーマニアだけ。

 一般的な人々(=大多数)にはほとんど関係ない話ですので、これもたぶん違うでしょう。

クロスロードとほぼ同時期に販売されたGMのハマーH3(2006-2010)。多少マネたな……とは、思わなくもない

 そのほかでは「1.8L/2Lの車としては高額すぎたから」という見方もあります。2代目クロスロードの新車時価格は1.8LのFF版がおおむね220万円ぐらいで、2Lの4WD版が250万円ぐらいというイメージでした。

 安くはないですが、かといってべらぼうに高かったわけでもないと思えますので、この見方にも100%の賛同はできません。

 つまり「売れなかった理由がわからない」ということを筆者は繰り返し申し上げているわけですが、筆者が「わからない」のは、「2020年現在の視点で2007年のクロスロードを眺めているから」でしょう。

「塊感」が強く表現されたエクステリア。スクエアを基調に金属の塊から削りだし彫刻的な造形で力強さ・存在感を演出

 2020年の視点から見れば「他モデルの車台を流用してクロスオーバーSUVを作る」というのはよくある話だと理解できますし、デザインについても「ゴテゴテしてないで、なかなかカッコいいじゃないか!」と感じます。

 また車両価格がちょっと高めであるという点についても「ま、SUVってのはそういうモンだから」という理解になります。

 しかし2代目クロスロードが発売された2007年は、現在のようなSUVブームはまだ起こっておらず、ひたすらのミニバンブームが続いていた時代でした。まさに2代目ストリームのベースであるホンダ ストリームや、オデッセイ、トヨタ イプサム、ウィッシュあたりがよく売れていた頃です。

 そんな時代に、三菱パジェロのような本格的な悪路性能を有しているわけではなく、かといって、日本の狭い道でも使いやすい5ナンバーサイズであるわけでもなかった2代目ホンダ クロスロードは、「なんだかよくわからない、無駄に高額なくせに車内は狭いクロカン車」にしか見えなかったのでしょう。

 そうなれば、やはり売れるはずがありません。

 しかしご存じのとおりその後の日本では、いや世界ではクロスオーバーSUVの大ブームが巻き起こり、それは今なお続行中です。

 もしもそんな渦中に2代目クロスロードが発売されていたら、そこそこのヒット作になったかと思うのですが、こればっかりは「めぐり合わせ」ですので、今さら言っても詮無いことです。

 しかし時代が2代目クロスロードに完全に追いついたせいでしょうか。その中古車は今、けっこうな高値で活発に取引されていいます。

■ホンダ クロスロード 主要諸元
・全長×全幅×全高:4285mm×1755mm×1670mm
・ホイールベース:2700mm
・車重:1460kg
・エンジン:直列4気筒DOHC、1997cc
・最高出力:150ps/6200rpm
・最大トルク:19.4kgm/4200rpm
・燃費:13.8km/L(10・15モード)
・価格:245万7000円(2007年式20Xi)


●【画像ギャラリー】いま見てもスタイリッシュ! ホンダ クロスロードの画像をギャラリーでチェック!!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します