サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アストンマーティンF1が技術部門を強化。アルファロメオのチーフデザイナーをエンジニアリングディレクターに起用

ここから本文です

 アストンマーティンF1チームは、F1のトップグループへと浮上するという目標の下、技術部門の強化を目指すなかで、アルファロメオでチーフデザイナーを務めたルカ・フルバットをチームの新エンジニアリングディレクターとして迎えることを発表した。これに伴い、テクニカルディレクターのアンドリュー・グリーンはチーフテクニカルオフィサーに即時就任する。

 フルバットは、グリーンの直属になり、2022年シーズン前に、シルバーストンのファクトリーで仕事を始める予定だということだ。

ウイリアムズF1代表ロバーツの離脱は、CEOらとの確執が原因か。アストンマーティンへの移籍の噂も浮上

 フルバットは1990年代にB・A・RのパフォーマンスエンジニアとしてF1でのキャリアを始めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ