サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:リンス、レース活動60年目のスズキで躍進を誓う「2020年も集中してもっと優勝したい」

ここから本文です

MotoGP:リンス、レース活動60年目のスズキで躍進を誓う「2020年も集中してもっと優勝したい」

MotoGP:リンス、レース活動60年目のスズキで躍進を誓う「2020年も集中してもっと優勝したい」

 2月6日、ロードレース世界選手権MotoGPに参戦するチーム・スズキ・エクスターは、2020年型のGSX-RRを発表した。

 2019年シーズンは、第3戦のアメリカズGP、第12戦のイギリスGPでアレックス・リンスが優勝し、2015年のMotoGP参戦から大きな躍進を果たしている。

MotoGP:スズキ、セパンで2020年型GSX-RRをアンベイル。シルバーが追加され60周年記念のニューカラーに

 2020年、スズキのレース活動は60年目を迎え、チーム・スズキ・エクスターはこの節目となる年に参戦マシンGSX-RRのカラーリングを一新。ブルーにスレートシルバーを組み合わせ、スズキの60年代の輝かしいレースでの歴史を想起させるイメージにしたという。

 2020年シーズンのチーム・スズキ・エクスターはふたりの若きスペイン人ライダーを擁し2019年に引き続き2台体制で参戦する。
 アレックス・リンスは、2019年の年間ランキング4位、そして2度の勝利を含む、11度のトップ5フィニッシュを果たし、MotoGPにおけるトップライダーの地位を確立。

 ジョアン・ミルは、ルーキーシーズンの2019年に10度のトップ10フィニッシュ、オーストラリアGPでのベストリザルト5位を獲得した新鋭気鋭の若手ライダーだ。

 プロジェクトリーダーの佐原伸一氏は、2019年シーズンを「我々が他のチームに対してどれだけ戦えるかという重要な情報を得ることができた」と振り返った。

「2度の勝利を含めてポジティブなリザルトも何度かありましたし、我々のポテンシャルがより良い成績につなげられる実感を持つこともできました。レース活動60年目という節目を迎え、更なる結果を追求することが2020年シーズンの目標です」

 テクニカルマネージャーの河内健氏は、「今年のフェアリングには、我々の長いレース界での歴史が込められています。黎明期の頃から、スズキのDNAは良いベース諸元を作り、そこからこつこつと着実な技術的向上を重ねることにありました」

「このやり方は、近年のMotoGPでも表彰台獲得や優勝などの結果となって表れたと思いますし、将来的にも機能するものだと思っています。現在すでに、新エンジンの開発を終えており、この仕様が、シーズン前のセパンとカタールでのテストのベースとなる予定です」と語っている。

 チームマネージャーのダビデ・ブリビオは、「今年はスズキのレース活動60年目という特別な年なので、スズキの皆さん、そしてファンの前で頑張ろうと、モチベーションも上がっている」と抱負を語っている。

 2020年シーズン、チーム・スズキ・エクスターで戦うリンスとミルのふたりのライダーが昨年の振り返りと2020年の目標を語った。
■アレックス・リンス

 2019年はMotoGP初勝利があって、地球上で一番エキサイティングな気持ちだったよ。夢がかなった瞬間だったし、2度目の勝利も信じられないような気持ちだったね。成長できた実感もこのときの気持ちも、2020年にもつなげていきたいんだ。

 学んだことで一番大切なことは、特に自分がトップを走っているときや、バトルになったときに、どうやってレースをより良くマネージメントしていくかだね。60年目のスペシャルカラーでレースをするのは光栄なことだと思うよ。

 スズキの一員になって良かったことのひとつは、本当の家族のような感覚で過ごせることなんだ。これまでもそういうものだったのかは分からないけれど、自分にとっては、皆がスズキのDNAを共有していて、勝利への執念を持ち続けているような感覚かな。それが本当に違うところだと思う。

 2020年もしっかりと集中して良い結果を出して、表彰台を獲得しなければならないし、できればもっと優勝したいね。それが成功への道だと信じている。少しずつ、一歩ずつ、皆で一生懸命に努力するよ。

■ジョアン・ミル

 2020年はもうルーキーではなくなるし、去年よりは自分への期待は確実に大きくなっている。去年は順調に成長することができて、ブルノの転倒という困難を克服するのにも役立ったし、シーズン終盤にはポジティブなレースをすることもできたから、いい形でシーズンを終えられたと思うんだ。MotoGPクラス初年度は学びの1年だった。

 MotoGPのマシンは本当に野獣みたいで、扱い方を学ばないといけなかったし、それについてはチームのみんながすごくサポートしてくれたんだ。今度は僕が経験を積んで、自分の名前をトップライダーの中に連ねたいね。冬の間はすごくトレーニングをしたんだ。特に、フィジカル面と、それからスムーズなライディングのためにね。

 これは、GSX-RRに乗るためには必要なことだと思う。あとは、セパンでまたMotoGPのマシンに乗りながら改善をしたくて、本当にウズウズしているんだ。スズキにとって大切な1年になるだろうし、ブルーとシルバーのGSX-RRのカラーリングはすごくカッコイイね。歴史的な年にメンバーの一員として、そのカラーリングを背負えることを誇りに思うよ。

■2020年チーム・スズキ・エクスター発表会画像ギャラリー

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します