サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1台の車に宿った人生の物語――元零戦搭乗員・土方大尉が愛した名車スカイライン

ここから本文です

 日米が太平洋で激突した戦争が激しさを増していた昭和18年、大学、専門学校に籍を置く多くの学生が陸海軍を志願して、戦場へと向かった。

 その中の一人の青年は、零戦搭乗員となり、圧倒的な劣勢のなかで度重なる激戦を戦い、辛くも終戦まで生き抜いた。戦後は数学教師となり、90歳で天に召されるまで、終生愛し続けたのは、「エンジンのある乗り物」だった。

レヴォーグ タイプR スカイライン N-BOX?? 現行モデル限定 今のうちに絶対乗っとけ純エンジン車 13台

 中でも、運転をリタイアする直前まで20年間乗り続けた一台の車に対する愛情はひとしおだった。取材を通じて、この元零戦搭乗員と知り合い、彼の最後の車と深くかかわることになった男が、その人生の物語を紡ぐ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン