現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1王者バトン、来季はベッテルと共にWEC参戦? 「いくつか選択肢はある」IMSAスポット参戦で“足慣らし”

ここから本文です

F1王者バトン、来季はベッテルと共にWEC参戦? 「いくつか選択肢はある」IMSAスポット参戦で“足慣らし”

掲載
F1王者バトン、来季はベッテルと共にWEC参戦? 「いくつか選択肢はある」IMSAスポット参戦で“足慣らし”

 2009年にF1世界チャンピオンに輝いたジェンソン・バトン。F1引退後は日本のスーパーGTや世界耐久選手権(WEC)、NASCARカップシリーズなどに参戦してきた。

 そんなバトンが2024年に向けて、WECやIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に参戦することになるかもしれない。実際、彼は「いくつかの選択肢がある」と明かした。

■ベッテル、JOTAからWEC参戦の可能性? チームが”話し合い”を認める「まだ決まったことはないが……」

 その選択肢のひとつだと言われているのが、WECハイパーカークラスにハーツJOTAが2台目のポルシェ963を投入し、バトンとセバスチャン・ベッテル、ロバート・クビサという豪華トリオで参戦するというモノだ。

 バトンはこの週末、JDCミラー・モータースポーツの963を駆り、マイク・ロッケンフェラー、ティへメン・バン・デル・ヘルムと共にロードアトランタで開催されるIMSA最終戦プチ・ル・マンでIMSA GTPデビューを果たす。

 バトンのIMSA参戦は、共にガレージ56プロジェクトでNASCARをル・マンで走らせたロッケンフェラーと、IMSAのジョン・ドゥーナン代表との話し合いによって実現したモノ。彼は現時点でJDCでの走行は今回だけだと認めており、1戦限りの挑戦となる。

 しかし963でのバトンのドライブは来季に向けた“足慣らし”だとも言われている。

「正直わからないよ。IMSAにフル参戦してエンデューロも走る選択肢がいくつかあるし、WECに参戦する選択肢もいくつかある」とバトンは今後について語った。

「まずはこの週末のレースを楽しめるかどうか確認する必要がある。妻からは承諾を得ているし、今後も得られると思う……それも重要なことだからね!」

 バトンは家族のために十分な時間を設けたいと考える一方で、2024年にはもっとレース出場数を増やしたいと語った。

「僕にはふたりの子どもがいるし、家族ともあまり離れたくないから、人生においてこれまでと全く異なる段階にいるんだ」とバトンは言う。

「でもレースをしている時の方が良い父親でいられると思うし、妻も同じことを言ってくれている」

「来年はレースをするつもりで、後はどこでどれくらいやるかだね」

 またバトンとしては、今回のプチ・ル・マンが2018年にSMPレーシングからLMP1で出場して以来のプロトタイプマシンでのドライブとなった。

 そのため、この週末はまず963に慣れることから始まった。

「問題は、今年走らせたのがNASCARカップカーとル・マンのガレージ56だけだったということだ」とバトンは言う。

「ステアリングを大きく動かすのは、ハイダウンフォースマシンではできない。横方向の荷重がかかるとコントロールを失ってしまうからね」

「このマシンは信じられないほど正確でなくてはならないが、ドライバーからはポジティブなこともネガティブなことも聞こえてきていたから、ちょっと懐疑的だった。でも1日運転してみると、これはダウンフォースを備えたレーシングカーそのものだった」

「(ドライバーによっては)気に入らないモノもあれば、気に入るモノもあると思う。このマシンはメカニカルグリップがないから、低速で走るとロックさせてしまうんだ」

「ダウンフォースを効かせるためにクルマ(の車高)をできるだけ低くしていて、常にそのことについて作業を行なっている。車高を上げれば足回りがソフトになって、低速域では飛ぶように速くなるが、高速域では役立たずになる」

「ダウンフォースのあるレーシングカーなら何でも同じだ。それは良いことなんだ。やるべきことが僕には分かるからね!」

 なお、963はLMDh規定で作られたハイブリッドマシン。バトンはこのシステムについても慣れが必要だったが、これまで問題を感じたことはないという。

「ハイブリッドが搭載されていることさえ分からないほどで、期待通りにいかなかった瞬間はないよ。F1で走っていた時に小さなレバーを使っていたところからは全く違うね」とバトンは言う。

「回生システムによってブレーキングでプッシュされるような瞬間もないし、とても安定しているね」

「この手のクルマを走らせるのに慣れる上でやらなきゃいけないことは沢山あるし、スイッチ操作が必要だ。僕としては、初めて乗った時に切り替えなきゃいけない操作系が沢山ありすぎたね!」

「みんなには『切り替えることで僕に一番効果のあるシンプルなモノだけ教えてくれ』と言ったんだ。細かいことは今の僕に必要ない。レースの中で見つけていくよ」

「でもドライバーが設定を変更できることは沢山あって、ドライバーのマニュアルは58~60ページもある。マシンをドライブしたことがないのに、それを学ぶのはとても難しいことなんだ!」

「だけどそれは、色々とやりようがあるということだし、努力して変化をもたらすことができるというのはエキサイティングなことなんだ」

こんな記事も読まれています

「埼玉県内しか走らない夜行バス」がある? 1年に1回大活躍の異色ルート 終点には朝3時着
「埼玉県内しか走らない夜行バス」がある? 1年に1回大活躍の異色ルート 終点には朝3時着
乗りものニュース
レッドブルF1代表、姉妹チーム・アルファタウリと関係強化も悪名高き“コピー版”の「ピンクメルセデスみたいにはならない」
レッドブルF1代表、姉妹チーム・アルファタウリと関係強化も悪名高き“コピー版”の「ピンクメルセデスみたいにはならない」
motorsport.com 日本版
クルマの「オイルフィルター」交換してる? 古いままだと「エンジンが壊れる」可能性! そもそもなぜ定期的な「メンテナンス」が必要なのか
クルマの「オイルフィルター」交換してる? 古いままだと「エンジンが壊れる」可能性! そもそもなぜ定期的な「メンテナンス」が必要なのか
くるまのニュース
ドルビーアトモスの3Dサラウンドは圧巻!進化する車載オーディオによってクルマがエンタメ空間になる時代へ
ドルビーアトモスの3Dサラウンドは圧巻!進化する車載オーディオによってクルマがエンタメ空間になる時代へ
@DIME
2023年最終戦を迎えたMotoEの「Eパドック」の様子 ~ミサノ・サーキットのパドックをぶら歩き。~
2023年最終戦を迎えたMotoEの「Eパドック」の様子 ~ミサノ・サーキットのパドックをぶら歩き。~
バイクのニュース
“アブダビ騒動”の後、F1引退もよぎったルイス・ハミルトンが今も現役な理由「感情で物事を決めるのは良くないことだと思った」
“アブダビ騒動”の後、F1引退もよぎったルイス・ハミルトンが今も現役な理由「感情で物事を決めるのは良くないことだと思った」
motorsport.com 日本版
ポータブル電源の新たな可能性! 車載カーナビや家電を快適に活用 ~Weeklyメンテナンス~
ポータブル電源の新たな可能性! 車載カーナビや家電を快適に活用 ~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
スペーシア 未来の扉を開けるか【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
スペーシア 未来の扉を開けるか【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
三井住友海上、調査委員会がビッグモーター対応の報告書 自賠責に関する圧力や報復で厳しい対応取れず
三井住友海上、調査委員会がビッグモーター対応の報告書 自賠責に関する圧力や報復で厳しい対応取れず
日刊自動車新聞
約130万円で買える「コンパクトSUV」! めちゃタフ顔の斬新「最強レジャー車」がカッコいい! “ゴツゴツボディ”のダイハツ「タフト」の魅力とは
約130万円で買える「コンパクトSUV」! めちゃタフ顔の斬新「最強レジャー車」がカッコいい! “ゴツゴツボディ”のダイハツ「タフト」の魅力とは
くるまのニュース
510馬力の最強ミドルSUV! アルファ ロメオ「ステルヴィオ」の高性能モデル、クアドリフォリオが性能向上 LSDを初搭載
510馬力の最強ミドルSUV! アルファ ロメオ「ステルヴィオ」の高性能モデル、クアドリフォリオが性能向上 LSDを初搭載
VAGUE
日米頂上決戦「RS★Rドリフトフェスティバル」開催! 谷口信輝は3位、勝者はF・オズボーとなるも団体戦は日本チームが勝者に
日米頂上決戦「RS★Rドリフトフェスティバル」開催! 谷口信輝は3位、勝者はF・オズボーとなるも団体戦は日本チームが勝者に
Auto Messe Web
電気だけで動くEVと、ガソリンと電気のハイブリッド車PHEV、いま購入するならどっち?
電気だけで動くEVと、ガソリンと電気のハイブリッド車PHEV、いま購入するならどっち?
@DIME
EV走行は速さも距離も100kmオーバーを実現。メルセデス・ベンツ GLCにプラグインハイブリッド車を新設定
EV走行は速さも距離も100kmオーバーを実現。メルセデス・ベンツ GLCにプラグインハイブリッド車を新設定
Webモーターマガジン
トライアンフがモトクロッサー『TF 250-X』を発表
トライアンフがモトクロッサー『TF 250-X』を発表
レスポンス
WEC王者トヨタに勝つのは簡単じゃない! キャデラックのバンバー「F1で1年目からレッドブルに勝ちたいと思うようなモノ」
WEC王者トヨタに勝つのは簡単じゃない! キャデラックのバンバー「F1で1年目からレッドブルに勝ちたいと思うようなモノ」
motorsport.com 日本版
レッドブルF1のマルコ「フェルスタッペンはまだピークに達していない」タイトルを支えたホンダへの感謝も
レッドブルF1のマルコ「フェルスタッペンはまだピークに達していない」タイトルを支えたホンダへの感謝も
AUTOSPORT web
上野のパンダでもキャバレーのダンスでもない! トラックドライバーが使う用語「カンカン」って何?
上野のパンダでもキャバレーのダンスでもない! トラックドライバーが使う用語「カンカン」って何?
WEB CARTOP

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村