サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】セパンテスト2日目:クアルタラロ首位再び。KTMの“侍”ペドロサが3番手タイム記録

ここから本文です

【MotoGP】セパンテスト2日目:クアルタラロ首位再び。KTMの“侍”ペドロサが3番手タイム記録

【MotoGP】セパンテスト2日目:クアルタラロ首位再び。KTMの“侍”ペドロサが3番手タイム記録

 マレーシアのセパン・サーキットで行なわれているMotoGPのオフィシャルテスト。その2日目はペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロが初日に続いてトップタイムを記録した。

 クアルタラロは初日に2019年型のマシンでトップタイムを記録していたが、2日目は2020年型のマシンでセッションの大半を走行。1分58秒572のトップタイムをマークした。

■「速いライダーが必要だった」ロッシ、ロレンソの起用をヤマハに猛プッシュ

 2番手はプラマック・ドゥカティのジャック・ミラー。セッション中盤に1分58秒641を記録した。ミラーのこのタイムはセッション残り1時間となるまでトップタイムを守るものだった。

 この日、ミラーは2020年型マシンの評価にセッションを費やした。なおミラーはテスト用に修正版のエアロパッケージも手にしていた。

 3番手にはKTMでテストライダーを務めるダニ・ペドロサが続いた。ペドロサは得意とするこのサーキットで1分58秒662をマークした。

 4番手以降はジョアン・ミル(スズキ)、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)と続いた。

 昨年12月に受けた右肩の手術後の回復が遅れているというマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)だが、2日目はトップから0.525秒差の9番手タイムだった。なお、マルケスはセッション終盤にターン3で転倒を喫している。

 またドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾにもセッション中盤に転倒があり、一時赤旗が掲示された。ドヴィツィオーゾは大事無く走行に復帰。タイムは最終的に15番手となった。

 LCRホンダの中上貴晶だが、タイムは2分0秒347で、トップからは1.7秒差の22番手だった。昨年中盤にクラッシュで痛め、手術を受けた左肩の回復具合は50%程だとコメントしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します