サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1、新車W12の開発トークン使用エリアは”秘密”「そのうち分かるだろう」

ここから本文です

 メルセデスF1チームは、3月2日に2021年シーズンを戦う新車W12を発表した。ただ、開発トークンを費やしてシャシーのどのエリアを改善したかについては沈黙を貫いている。

 コロナ禍を受けて各チームのコストを削減するための対策として、2021年マシンのシャシー開発はほぼ凍結されており、2020年から多くのエレメントを引き継ぐことになっている。

■メルセデスの”F1支配”は続くのか。新車『W12』を発表、ブラックアローで8連覇を狙う

 ただ各チームにはトークンがふたつ与えられており、このトークンを使うことで特定のエリアを改善することができる。

 一部のチームは、すでにこの開発トークンをどこに使うのかを明らかにしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン