サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【比較試乗】「ビー・エム・ダブリューi3(REX) vs メルセデス・ベンツ EQC 400 4MATIC」ブランドの哲学はEVにこそ現れる!?

ここから本文です

【比較試乗】「ビー・エム・ダブリューi3(REX) vs メルセデス・ベンツ EQC 400 4MATIC」ブランドの哲学はEVにこそ現れる!?

自動車業界全体が電動化へとシフトしつつある現在から遡ること5年以上前、欧州でいち早く登場したBEVがi3。一方、メルセデスらしく満を持した格好で2019年に市場導入されたEQC。完成度の高さだけでなく、各々の個性に触れてみる。

i3は駆けぬける歓び、EQCは圧倒的な快適性

アナタならどのモデルにする? 500万円台の予算で叶える、ステキなBMWライフ!

永遠のライバルであるメルセデス・ベンツとBMWだが、EQCが登場したことでBEV対決もできるようになった。ただし、i3は2014年発売だから5年も差があるうえ、こちらはシティヴィークルというコンセプト。SUVタイプのEQCとはずいぶんと違うが、何はともあれ比較してみたい。

BEVのメリットのひとつはエンジン車のように低速域での燃費悪化が少ないことだから、シティヴィークルというコンセプトは実に理に叶っている。さらに、i3はバッテリーによって重くなりがちな車両重量に対応するためボディにカーボンなどを採用する意欲作。ゼロ発進でアクセルを強めに踏み込んでみると、いきなり最大トルクを発生するモーター特有の力強さとボディの軽さ、そしてリア駆動の特性が相まって、i3は元気いっぱいに飛び出していく。クルマ自体が“走るのが楽しくて仕方がない”というようにさえ感じるほど快活な性格なのだ。

意欲的なのはタイヤにも表れている。大径幅狭な専用タイヤは転がり抵抗低減効果が高く、空力も有利だから燃費向上に効く。運動性能も想像するよりずっと高く、ノーズの軽いRR車のメリットも活かされて軽快なハンドリングを楽しませてくれる。ただし、転がり抵抗低減と引き換えにノイズは相応に大きく、軽量化のためなのか遮音効果があまりないようで、ロードノイズは気になってしまう。

エンジン車から乗り換えても違和感なく作られているEQC

i3が何から何までスペシャルメイドなのに対して、EQCはエンジン車用プラットフォームをベースに開発されたという点で成り立ちが異なる。それでも80kWhの大容量バッテリーを搭載しているのは、それなりのボディサイズで高さにも余裕があるSUVタイプだからだ。ただし、車両重量は2480kgにもおよぶ。
しかし、少なくとも一般道を走らせている限りは、その重さをネガと感じることはない。なにしろ前後2基のモーターのシステム最大トルクは765Nm。AMG GLC63Sをも上回るのだから、アクセルを踏みつければそれこそ猛烈なダッシュをみせる。

とはいえEQCの最大の見所は、驚くほど静かで乗り心地もいいという圧倒的な快適性の高さにある。いざとなればスポーツカー顔負けのパフォーマンスを内に秘めているが、普段乗りではそういった主張はしてこない。まさにメルセデスそのものであり、振動・騒音が抑制されるBEV化によって異次元の世界に登り詰めたといえる。i3はBEVならではの運転感覚としてワンペダルドライブが持たされている。アクセルオフでの回生ブレーキが強く、ブレーキペダルに触れなくても大体のシーンを走れてしまうのが面白いが、慣れは必要であり回生の強弱を選べないのがちょっと惜しい。EQCはデフォルトのDレンジではエンジンブレーキに近い自然な減速感があり、パドルシフトによって任意に回生を調整できる。

BEVによる新しい世界を切り開こうとするi3と、従来のエンジン車から乗り換えても違和感がないように作られているEQCは対照的だ。また、i3は駆けぬける歓び、EQCは快適性に、それぞれ磨きをかけているのが興味深いところ。BEVは走りの個性が出しづらいと言われることもあるが、両車はそれに抗い、ブランドアイデンティティを強く打ち出そうという姿勢が見て取れるのである。

【Specification】BMW i3(REX)
■全長×全幅×全高=4020×1775×1550mm
■ホイールベース=2570mm
■車両重量=1440kg
■バッテリー種類=リチウムイオン
■バッテリー容量/電圧=42.2kWh/352.3V
■モーター型式/種類=P250/交流同期電動機
■最高出力=170ps(125kW)/5200rpm
■最大トルク=250Nm(25.5kg-m)/100-4800rpm
■航続距離=466km
■サスペンション=前ストラット、後マルチリンク
■ブレーキ=前後Vディスク
■タイヤサイズ=前155/70R19、後175/60R19/45R20
■車両本体価格(税込)=6,030,000円

【Specification】MERCEDES-BENZ EQC 400 4MATIC
■全長×全幅×全高=4770×1925×1625mm
■ホイールベース=2875mm
■車両重量=2500kg
■バッテリー種類=リチウムイオン
■バッテリー容量=80kWh
■モーター種類=交流同期電動機
■最高出力=408ps(300kW)
■最大トルク=765Nm(78.0kg-m)
■航続距離=400km
■サスペンション=前4リンク、後マルチリンク
■ブレーキ=前後Vディスク
■タイヤサイズ=前235/50R20、後255/45R20
■車両本体価格(税込)=10,800,000円

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します