サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > SBSグループ物流会社、中国製1トンEVトラックの大量導入決定

ここから本文です

物流会社のSBSホールディングスは10月13日、スタートアップのフォロフライが輸入・販売する電気トラック(1トンクラス)をラストワンマイル物流に活用するため、全面的な導入を決定したと発表した。

フォロフライはEVトラックのファブレスメーカーで、今回、中国で生産したEVトラックが宅配用電気自動車のナンバー交付を受けた。

SBSグループは、重点課題として車両の稼働によるCO2排出削減を掲げ、約2000台の保有車両を今後5年間で電気自動車に置き換えることを目指している。今回のEVトラックの本格導入はこの施策に一環。

おすすめのニュース

サイトトップへ