サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 久松自動車販売、普通免許で運転可能な小型バン型トラック開発 物流業界の人手不足解消を後押し

ここから本文です
 商用車のボディー架装などを手掛ける久松自動車販売(久松孝治社長、大阪市阿倍野区)は、普通免許証でも運転可能な小型のバン型ディーゼルトラックを開発し、販売を開始した。1トン程度の積載量を確保しながら、車両の全幅を約1・8メートルに抑えるなど取り回しやすいサイズとした。年間販売台数目標は60台。女性や若手のドライバーでも運転しやすい車両として物流業界にアピールし、深刻化する人手不足の解消を後押ししたい考えだ。

 開発車両は、大阪トヨペット(横山昭一郎社長、大阪市東成区)と架装メーカーのパブコ(ヒルマン・フォルカーCEO、神奈川県海老名市)と協力して制作した。

おすすめのニュース

サイトトップへ