現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【Tipo】新社会人にオススメ!! 予算100万円前後から始めるTipo的趣味車ライフ『プジョー208編』

ここから本文です

【Tipo】新社会人にオススメ!! 予算100万円前後から始めるTipo的趣味車ライフ『プジョー208編』

掲載 1
【Tipo】新社会人にオススメ!! 予算100万円前後から始めるTipo的趣味車ライフ『プジョー208編』

二十歳前後の新社会人がクルマを買うなら、何がいいだろう? 予算100万円前後、せいぜい120万円までで、新生活を楽しめて、長いカーライフのスタートに相応しい、そんなチューコ車を、渡辺敏史さんに聞いてみた。前回のフィアット・パンダに引き続き今回はプジョー208をピックアップ。

オトク感の高いコンパクトフレンチハッチ

【Tipo】新社会人にオススメ!! 予算100万円前後から始めるTipo的趣味車ライフ『フィアット・パンダ編』

次いで選んだのは先代プジョー208です。これは購入時のコスパやその後の維持費を重視した、なるべく高年式なところで、ワインディングもロングドライブも楽しめるというバランスの良さをかっての推しになります。

こちらも出来ればMTで乗って欲しいモデルですが、とりわけお得感があるのはGTです。搭載される1.6L 4気筒の直噴ターボはBMW系列のユニットとなり156PSを発揮。ミニでなぞらえればクーパー以上クーパーS未満という力自慢です。これを6速MTで操るわけですが、車格に対しては充分な余力があり低回転域からのトルクも分厚いですからとても乗りやすい。その上、GTの名が物語るように足周りもオールマイティに躾けられており、猫脚と称されるプジョーライドもしっかり味わえます。取材個体はタイヤがお疲れ気味でしたが、それでも乗り心地の良さには驚かされました。

予算的にはもう少し頑張れば明快にスポーツ系な208GTiも範疇に入ってくるのも確かです。が、GTはその性格上丁寧に扱われた個体が多いこともポイントでしょう。ちなみに取材個体に残された、過去3500km走行分くらいの平均燃費は13km/L超。どういう乗られ方だったかはこんなところからも察することが出来ます。

【写真14枚】パフォーマンスの高さの割に丁寧に扱われてきた個体の多いプジョー208GTの詳細を写真で見る

同様にMTの流通量が多めなニューミニは、価格に掘り出し物感がないのが玉に瑕ですが、敢えて初代・2代目クーパーSなどをお安く味わってみるのも面白いかもしれません。そのハンドリングは代々のニューミニが唱えるゴーカートフィールの、最もピュアでソリッドなところを表しているはずです。

ジムニーは流通価格は高め安定ですが、耐久性に長けリペアビリティも高い。道あるところ、どこにでも連れて行ってくれるクルマという歓びは何にも代えがたいものです。車中泊の猛者も多いようですが、テントと寝袋を積んでシンプルな一泊キャンプを楽しむだけでも楽しい想い出を作れます。

あるいはもう少し大人数・大荷物でアウトドアドライブを楽しみたいなら、同門のエスクードという手もあります。先代は堅牢な車台や本格的なメカニズムを維持しながら価格もこなれており、トヨタ日産ホンダ辺りの同級SUVはもちろん、ぶっちゃけ軽のジムニーよりも買い得感は高いです。

そして最後はiQをば。いびつなディメンションが織りなす痛快なほどの機動力や独特の敏捷性と、意外やハンドリング推しの1台です。流通量は少ないながらも6速MT+1.3L 4気筒の組み合わせは走り好きをも結構アツくさせてくれるものがあります。とあらば気になるスマートも堅牢な車台+RRで走りはちょっぴり911的な手応えもあったりしますが、こちらは大人3人なら割と普通に乗れてしまうユーティリティが鍵。思えばドライブも会社の昼飯も、3人連れくらいが意外と居心地いいもんですよ。

【Specification】2018年式プジョー208GT
■全長×全幅×全高:3960×1740×1470mm
■ホイールベース:2540mm
■トレッド(F&R):1470mm
■車両重量:1200kg
■エンジン:直列4筒DOHCターボ
■総排気量:1598cc
■最高出力:156PS/6000rpm
■最大トルク:24.5kg-m/1400-3500rpm
■サスペンション(F/R):ストラット/トーションビーム
■ブレーキ(F/R):Vディスク/ディスク
■タイヤ(F&R):205/45R17
■中古販売価格:114万円(取材時)

こんな記事も読まれています

「生活保護受給者」は運転すべきでない? そもそも自動車は贅沢品か? ネットに渦巻く“終わりなき議論”を考える
「生活保護受給者」は運転すべきでない? そもそも自動車は贅沢品か? ネットに渦巻く“終わりなき議論”を考える
Merkmal
日産『スカイライン』次期型に新たなスクープ情報、担当者「大・歓・喜」
日産『スカイライン』次期型に新たなスクープ情報、担当者「大・歓・喜」
レスポンス
「ベネリ、モンディアル、ファンティック」名門イタリアンブランドの最新モデルに注目! EICMA2023レポート
「ベネリ、モンディアル、ファンティック」名門イタリアンブランドの最新モデルに注目! EICMA2023レポート
モーサイ
オービスは「何キロ」で光る? 似たカメラとの見分け方は? 速度違反時に光る装置…! あらゆる噂の真相を専門家に聞いてみた!
オービスは「何キロ」で光る? 似たカメラとの見分け方は? 速度違反時に光る装置…! あらゆる噂の真相を専門家に聞いてみた!
くるまのニュース
BMW Motorad「R12」 全面刷新したしたロードスターモデル「R12 nineT」の派生クルーザー登場
BMW Motorad「R12」 全面刷新したしたロードスターモデル「R12 nineT」の派生クルーザー登場
バイクのニュース
エンジンオイル交換の真実とは? “距離”なのか“価格”なのか、どちらが賢い選択?~カスタムHOW TO~
エンジンオイル交換の真実とは? “距離”なのか“価格”なのか、どちらが賢い選択?~カスタムHOW TO~
レスポンス
いすゞ ベレル2000(昭和37/1962年4月発売・PS10型【昭和の名車・完全版ダイジェスト014】
いすゞ ベレル2000(昭和37/1962年4月発売・PS10型【昭和の名車・完全版ダイジェスト014】
Webモーターマガジン
テスラのサイバートラックの納車開始! ポルシェ911ターボより早いEVトラックほんとに売ったのね! 価格は約900万円から
テスラのサイバートラックの納車開始! ポルシェ911ターボより早いEVトラックほんとに売ったのね! 価格は約900万円から
ベストカーWeb
【注目モデル詳報】モデルライフ最大の改良。新開発LSDで「人馬一体」が徹底された最新マツダ・ロードスターのマニアックポイント
【注目モデル詳報】モデルライフ最大の改良。新開発LSDで「人馬一体」が徹底された最新マツダ・ロードスターのマニアックポイント
カー・アンド・ドライバー
トヨタが本格オフローダー「ランドクルーザー"70"」の販売を再開
トヨタが本格オフローダー「ランドクルーザー"70"」の販売を再開
@DIME
「カローラ」より小さい! トヨタが謎の「コンパクトセダン」を実車展示! 低価格なのに「めちゃ存在感ある」モデルの正体は? 泰で登場
「カローラ」より小さい! トヨタが謎の「コンパクトセダン」を実車展示! 低価格なのに「めちゃ存在感ある」モデルの正体は? 泰で登場
くるまのニュース
初のフルモデルチェンジ!メルセデス・ベンツがミドルサイズSUV「GLCクーペ」の新型モデルを発売
初のフルモデルチェンジ!メルセデス・ベンツがミドルサイズSUV「GLCクーペ」の新型モデルを発売
@DIME
元自動車ディーラーがぶっちゃけ 「EV需要」が日本で加速しないワケ
元自動車ディーラーがぶっちゃけ 「EV需要」が日本で加速しないワケ
Merkmal
ホンダ「NC750X」【1分で読める アドベンチャーバイク紹介】
ホンダ「NC750X」【1分で読める アドベンチャーバイク紹介】
webオートバイ
知る人ぞ知る真実……実は2代目ステージアの2.5LV6ターボ「VQ25DET」は幻の「V35スカイラインGT-R」用エンジンだったってマジ!?
知る人ぞ知る真実……実は2代目ステージアの2.5LV6ターボ「VQ25DET」は幻の「V35スカイラインGT-R」用エンジンだったってマジ!?
ベストカーWeb
余計な装備は一切なし! シンプルな二段フラットが使いやすい スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
余計な装備は一切なし! シンプルな二段フラットが使いやすい スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
オペル日本再上陸はほぼ白紙か!? キムタクドラマで超絶売れたヴィータはどうなる!? 実現が厳しいワケ
オペル日本再上陸はほぼ白紙か!? キムタクドラマで超絶売れたヴィータはどうなる!? 実現が厳しいワケ
ベストカーWeb
年間表彰式『SUPER GT HEROES』開催。王者坪井「宮田選手には、日本のレベルの高さを世界で証明して欲しい」
年間表彰式『SUPER GT HEROES』開催。王者坪井「宮田選手には、日本のレベルの高さを世界で証明して欲しい」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
  • この代のプジョーは操作する部分も多くて楽しいでしょうね。若者におすすめします。運転する楽しさを知ってほしい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村