サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 今こそ皆で話し合うべき……ベッテルのペナルティ問題に関しルノー代表が提言

ここから本文です
 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1カナダGPでトップを走行中にコースオフ。その際に安全でない方法でコースに復帰し、ルイス・ハミルトン(メルセデス)を壁に追いやったとして5秒ペナルティが科せられ、勝利を逃した。この裁定に関しては、ファンや元ドライバーなど、各方面から大きな反発があった。

 これら一連の出来事から、F1はレースの対処の仕方を再考するべきなのか、そしてドライバーにもっと自由を与えるべきかどうかの議論が巻き起こることとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ