サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コンパクトクロスオーバーSUVの元祖!スズキ 初代 エスクード【MOTA写真館】

ここから本文です

コンパクトクロスオーバーSUVの元祖!スズキ 初代 エスクード【MOTA写真館】

1988年に登場したスズキ エスクード。登場以降、モデルチェンジを繰り返しながら生産され、スズキを支える車種へ成長した。近年、流行しているコンパクトクロスオーバーSUVの元祖となったスズキ エスクードは、本格的なSUVのメカニズムを持ちながら、一般道・高速道路での乗り心地を両立した革新的なモデルだ。

本格的なメカニズムをコンパクトに凝縮

SUV買いたい人必見! “コスパ最強”なSUV3選+α

スズキ 初代エスクードは、全長3,560mm、全幅1,635mmのコンパクトなサイズに、1600ccという小排気量のエンジンを搭載。136万4000円~という低価格も大きな魅力だった。

構造は、本格的なSUVに使われるラダーフレームと呼ばれる頑丈なはしご型フレームを採用。また、二輪駆動と四輪駆動を切り替えることができるパートタイム4WDを採用することで、舗装路での燃費の良さと悪路走破性を両立する。

デビュー当初は、3ドアのハードトップと3ドアコンバーチブルの2タイプだったが、1990年に全長を延ばし5ドア化した「ノマド」を追加。1994年には、スズキ初の2000ccのV型6気筒エンジンと直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載しバリエーションを広げた。

ただし、ディーゼルエンジンはスズキ製ではなくマツダ製。エンジンを供給してもらう見返りとして、車両のOEM供給を開始。マツダではプロシードレバンテとして販売された。

スズキ初の3ナンバー車

1996年、2500ccのV型6気筒エンジンを追加したことで、スズキ初の3ナンバー登録車が誕生。同時に、5ドアに与えられていた「ノマド」のサブネームが消滅し、「3ドア」「5ドア」の名称に改められた。

開発コンセプトの「クロスカントリーセダン」を見事に具現化したスズキ エスクードは、泥臭くない都会的なコンパクトクロスオーバーSUVとして世界中で人気を博した。

スペックや価格

■全長×全幅×全高:3,560mm(ノマド 3,975mm)×1,635mm×1,665mm(ノマド 1,700mm)

■エンジン

・直列4気筒 1600cc SOHC G16A型

・直列4気筒 2000cc DOHC J20A型

・V型6気筒 2000cc DOHC H20A型

・V型6気筒 2500cc DOHC H25A型

・直列4気筒 2000cc SOHC ディーゼルターボ RF型

■トランスミッション:3速AT/4速AT/5速MT

■駆動方式:パートタイム4WD

■ボディタイプ:3ドアSUV/3ドアコンバーチブル/5ドアSUV

■販売期間:1988年~1997年

■価格:149万8000円~224万3000円(1996年式)

自動車史に残る名車を振り返る【MOTA写真館】

子供ころ憧れたスポーツカー、テレビドラマに出ていたあのクルマなど、実に多くのクルマたちが私たちの記憶の中に存在する。

MOTA写真館では、そんな懐かしいあんなクルマ、こんなクルマをプレイバック。あなたが初めて買ったクルマ、いつかは買うぞと決めていた憧れのクルマがいつ登場するのか?そんなことを思いつつ、次回もぜひ楽しみにしていただきたい。

▼これまでご紹介した名車はコチラ!▼

【MOTA写真館】スズキ マイティボーイ

【MOTA写真館】トヨタ アルファード(初代)

【MOTA写真館】日産 Be-1

【MOTA写真館】日産 プリメーラ(初代)

【MOTA写真館】スバル レガシィ(初代)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します