サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > Chibaac SPL. RZ250R(ヤマハRZ250R)/ワイドタイヤ×ロングアンドロー、カタナルックの2スト改?! #Heritage&Legends

ここから本文です

Chibaac SPL. RZ250R(ヤマハRZ250R)/ワイドタイヤ×ロングアンドロー、カタナルックの2スト改?! #Heritage&Legends

月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』編集部が取材した注目のカスタム車を紹介します!
取材協力:chibaacさん(オーナー)/まとめ:ヘリテイジ&レジェンズ編集部

これぞカスタムという成り立ちを自作で完成させる
2019年5月末に発売されたスズキの新型KATANA。それに刺激されたかのように作られた空冷カタナカスタムか? と思えそうなこの車両、何かが違う。ロング&ローにワイドタイヤ……。それも確かに他とは異なるスタイルだが、決定的に違うのは、ベース車両だ。

【250ccスポーツバイク比較検証】Ninja ZX-25R・CBR250RR・YZF-R25・Ninja250・GSX250R

シリンダーヘッドにあるYPVSの刻印、エンジン下を這うマッシブなボリューム感あるエクスパンションチャンバー。そう、ヤマハ’80年代の2ストロークツインスポーツ、RZ250Rがベースなのだ。

オーナーにして製作者のchibaacさんは数年前からこのカタナルックRZ-Rの構想を練り、自ら作業を進めてきた。chibaacさんはかつて、同じヤマハのRZ250でもロング&ローを地で行き後軸100PS超えというドラッグレーサーを製作、次いで同じRZを元にしつつ、YZF-R6ボディを載せたロング&ローカスタムも作った。それに続くのが、このRZ-Rなのだ。

よく見ていくとこの車両、ダブルクレードルフレームもエンジンもRZ-R以外の何物でもないのだが、ごく自然に付いている感のある倒立フォークやロングスイングアーム+ワイドタイヤ、さらにフロントカウルに燃料タンクまわり。すっとシェイプされたテールまわりも自然に収まり、じつはこっちがニューカタナだったのでは? という印象さえ持たせてしまう。

chibaacさんは「実際にはいろんなところが切った貼ったで、タンクだってカバーじゃなくてカタナそのものの下半分を切り飛ばした上で、インナータンクに被せてます。最近はボルトオンパーツもいろいろと増えてカスタムも楽にはなってきているけれど、それだけじゃ物足りない。そう思って、’90年代のカスタム全盛期のようなカスタムらしいカスタムを作って、見てもらえたらいいなと思ったんです」と製作動機を語る。

その甲斐あって、初のお披露目となった2019年SUGO全日本2ストミーティングのパドックでは最大の注目の的。今までの作例からもきちんと走ることは考慮されていて、以後は公道走行が出来るようにモディファイを加えたいとのことだった。

すでにヘッドライトやナンバーステー、ウインカー類は備えられているから、あとはミラーの追加程度でそれは叶いそう。それにしてもこの出来映えと言うかコンビネーション、2スト車の集いだけでなく、どこへ行っても目を引くこと間違いなし。機会があればぜひ実物を見ていただき、熱い心を感じてほしい。

Detailed Description 詳細説明
取材協力:chibaacさん(オーナー)/まとめ:ヘリテイジ&レジェンズ編集部

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ
カスタムとメンテナンスのことならおまかせ!
Heritage&Legendsが取材した、いま話題のザ・グッドルッキン・バイク
月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』最新号情報

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します