サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 一時6番手もピットロスにクラッシュ……MOTUL松田次生「すごく悔しい」。厳しい状況でも見えた光明

ここから本文です
 開幕前には今季の劣勢が予想されたニッサンGT-R陣営。スーパーGT開幕戦、第1戦の岡山の予選では4台全車がQ1ノックダウンしてしまい、その状況の厳しさを伺わせたが、決勝ではホンダ勢をかわし、GRスープラ勢を追う6番手まで順位を上げるパフォーマンスを見せた。予選では23号車MOTUL AUTECH GT-Rにパドルシフトのトラブルが発生し、決勝でもアクシデントが連続したニッサン陣営だが、今後の戦いの光明は見えた。

 予選では12番手となってしまったMOTUL AUTECH GT-Rだったが、決勝に向けては自信があった。

おすすめのニュース

サイトトップへ