サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ紡織、内装システムサプライヤーをめざす…トヨタ bZ4X に採用

ここから本文です

トヨタ紡織は5月13日、シートや内装品がトヨタ自動車のミディアムセグメント電動SUV「bZ4X」に採用されたと発表した。

フロントシートはスポーティシートが採用されたほか、リヤシートは後席の快適性とラゲージルーム(荷室)の利便性向上に貢献する、2段階リクライニング機構付きシートが採用された。

また、内装品では人の触れる部位には表皮材を使用し、インストルメントパネルとのつながり部に大型の加飾パネルを配置したドアトリムが採用された。ドアトリムにはペットボトルが2本収納可能な大型ポケットが採用された。

おすすめのニュース

サイトトップへ