サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 〈スズキ・ハスラー〉SUV仕立ての”遊べる軽”【ひと目でわかる軽自動車の魅力】

ここから本文です

〈スズキ・ハスラー〉SUV仕立ての”遊べる軽”【ひと目でわかる軽自動車の魅力】

月間販売台数:5503台(18年8月~19年1月)現行型発表:13年12月(一部改良 18年11月)JC08モード燃費:32.0km/ℓ ※「J」「G(CVT)」のFF車レポート●塚田勝弘(TSUKADA Katsuhiro)フォト●宮門秀行(MIYAKADO Hideyuki)モデル●森脇亜紗紀(MORIWAKI Akisa)

■主要諸元 ワンダラー(特別仕様車)
全長×全幅×全高(mm):3395×1475×1665
室内長×室内幅×室内高(mm):2160×1295×1250
ホイールベース(mm):2425
トレッド(mm) 前/後:1290/1290
車両重量(kg):800
エンジン種類:直列3気筒DOHC+モーター
総排気量(cc):658
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):38[52]/6500
エンジン最大トルク(Nm[kgm]/rpm):63[6.4]/4000
モーター最高出力(kW[㎰]/ pm):1.6[2.2]/1000
モーター最大トルク(Nm[kgm]/rpm):40[4.1]/100
燃料タンク容量(ℓ):27(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:165/60R15
最小回転半径(m):4.6
JC08モード燃費(km/ℓ):32. 0
車両本体価格:160万8120円

新型プジョー508に内燃機関の未来像を見た!〈Peugeot 508 国内初試乗〉

前ドアは2段階で開き、頭上まわりを含めた開口部も広くて乗り降りしやすい。3段階で開く後ろドアは、ヒンジ式ドアにも関わらずこちらも大開口を確保する。床面が低く、座面が高めなので腰を大きく上下させる必要もない。

先進安全装備

撮影車両データ

ボディカラー:シフォンアイボリーメタリック ウッディブラウン2トーンルーフ(特別仕様車専用色)
オプション装備:全方位モニター用カメラパッケージ(4万9680円)/スタンダードプラスナビセット〈パナソニック〉(14万8014円)/フロアマット〈ジュータン〉(1万6902円)/ETC〈ビルトインタイプ〉(2万1816円)/他

ボディカラー

インパネ

「ワンダラー」はウッド調カラーパネル、オレンジステッチ付きイエローブラウンの本革巻きステアリングホイールが、暖かみのある雰囲気を出す。同仕様はナノイー搭載フルオートエアコンも標準で、ナビは販売店オプション。メーターはお洒落なホワイトパネル。

居住性

ラゲッジルーム

樹脂製ボードによるフラットフロアが特徴で、後席のスライドはリヤドア側にまわる必要があるが、前倒しは背もたれのレバーで荷室側からも操作可能。スクエアな開口部と余裕のある荷室高で多くのキャンプ道具などを積載できそう。荷室に12Vのアクセサリーソケットを備えるのもうれしい。

うれしい装備

SEAT ARRANGE

後席は別々にスライドと背もたれの前倒しが可能で、助手席背もたれの前倒し機構により長尺物にも対応するほか、背もたれを倒した助手席はシートテーブルとしても使える。前席の背もたれを寝かせればセミフラットになり、仮眠など休憩時に使えるモードになる。

ハスラーとCASIOがコラボした腕時計

バイヤーズガイド

ハスラーにはさらに個性的な特別設定色を用意した「ワンダラー」などのモデルもある。18年11月には「G」グレードに搭載の衝突被害軽減システムをレーダー方式からステレオカメラ方式のデュアルカメラブレーキサポートへ変更。同時に誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能も標準装備した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します