サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヨシムラ】往時のマグネシウム製を彷彿させるカワサキ「Z1」「Z2」用エンジン&オイルポンプカバー!#Heritage&Legends

ここから本文です

【ヨシムラ】往時のマグネシウム製を彷彿させるカワサキ「Z1」「Z2」用エンジン&オイルポンプカバー!#Heritage&Legends

月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』が気になるニューアイテムを紹介します!

ヨシムラ Z1/Z2用『エンジンカバー&オイルポンプカバー』
市場からの強いニーズでリバイバルを果たしたのが、ヨシムラのカワサキZ1/Z2用“エンジンカバー”、そして“オイルポンプカバー”だ。伝統の「砂型鋳造製法」を用いて生産することで時代なりのリアリティを追求する、丁寧な造り込みがユーザー冥利に尽きる。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の写真と予定価格!

梨地(なしじ)と呼ばれる鋳肌(いはだ)で仕上げられた製品はひとつとて同じものがないと言われ、カバー表面の微細な凹凸までもがノスタルジックな独特な風合いを醸し出す。ヨシムラが以前に販売した、エンジンカバーを再現した標準カラー(マグネシウム風)に加え、Z1/Z2のエンジンに合わせたシルバーカラーも、今回ラインナップされた。

バンク角確保のため、斜めにカットされたエンジンカバーの造形にドキドキしたら…『即買い』だろう。

左のシルバーと右の標準色は、いずれも砂型鋳造によって生産される。特殊なコーティングを施すことで、耐腐食性能を向上させているという。シルバーのエンジンカバーのレリーフ文字「ヨシムラ」「I’ve Got The Power!」は、そのアルミ地を活かしたものだ。装着時にはガスケットの交換を推奨している。

オイルポンプカバーは車両によってカバー裏側にクラッチアジャスターボルトが干渉する可能性あり。その際はリューター等での加工が必要となる。スリットも冷却性向上を図る往年のデザインを踏襲したものだ。

SPECIFICATION
[ 表が省略されました。オリジナルサイトでご覧ください ]

ヨシムラジャパン 公式サイト
ヘリテイジ&レジェンズ 公式サイト
Heritage & Legendsでいま人気の記事はこちら!
月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』最新号情報

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します