サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 3月の鈴鹿『モースポフェス2020』で3メーカーの新GT500マシン6台がデモランへ

ここから本文です
 2月13日、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは、3月7~8日に開催される『モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~』で、2020年からスーパーGT GT500クラスに参戦するクラス1+α規定の3メーカーのマシンがデモランすると発表した。

 2020年から車両規定が変更され、DTMドイツ・ツーリングカー選手権との統一規定であるクラス1規定+αのマシンで争われるスーパーGT GT500クラス。トヨタGRスープラ、ホンダNSX-GT、ニッサンGT-RニスモGT500という3種類のマシンが登場する。

おすすめのニュース

サイトトップへ