サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキの250ccバイク『GSX250R』はフルカウルなのにネイキッドみたいに運転しやすい!【SUZUKI GSX250R 試乗インプレ/レビュー 中編】

ここから本文です

スズキの250ccバイク『GSX250R』はフルカウルなのにネイキッドみたいに運転しやすい!【SUZUKI GSX250R 試乗インプレ/レビュー 中編】

流行り廃りの大きい250ccバイク市場においても『GSX250R』はどっしりと構えたまま。それは明確なコンセプトがあるからこそ為せる技、です。じゃあ、そのコンセプトに従ったバイクの走りってどんなもの?

GSX250Rには『ネイキッドバイク』みたいな気軽さがある
GSX250Rっていうバイクは街乗りバイクじゃありません。かと言ってバリバリのスポーツバイクって訳でもない。

ホンダ「GB350」は本当に安いのか? 400ccバイクの価格を考察

目指すところは『日常の中にある感動をサポートする』っていう、なかなか高い志だということは【前編】にてお伝えした通りです。

【前編】からの続きです

そこで思うのは『じゃあ、どうやってバイク側でライダーをサポートするのよ?』っていう疑問ですが、これに関しては私(北岡)が感じているのは……

なんかGSX250Rってネイキッドみたいな運転感覚がある、っていうこと。

言い変えれば、運転がしやすい。もしくはとっても気軽です。

GSX250Rは『動き出し』が軽い
そう言う理由は、まず最初にバイクの動きかた。

これは街の交差点でもワインディングのコーナーでも同じですが、曲がる時のいちばん最初の動き出しがGSX250Rってすごく軽いんです。

よし、ここから曲げるぞ!って狙ったポイントでスッと車体がついてくる。

この感覚は私(北岡)の個人的感覚で言うと『アップハンドルのネイキッドみたい』だと感じるものです。

だけどみなさんもご存じの通り、GSX250Rはセパレートハンドル、いわゆるセパハンです。

ちなみに言っておくと、なんだかんだ言ってもセパハンっていうのはネイキッドのアップハンドル(バーハンドル)に比べると運転が難しいです。

そもそもですがセパハンっていうのはサーキットなどでスポーティに走る際、ライダーが低く伏せられて、かつコーナリングフォームをとりやすくするために特化した形状なので、ぶっちゃけ街乗りやツーリングに向いていない。

これはもう厳然たる事実です。

GSX250Rもセパハンだけど
ところがGSX250Rは、不思議なことに乗って動かしてみるとネイキッドみたいな動き方をする。

これはハンドル位置だけじゃなくて、ステップとシートの位置、そして個人の体格も関係してくる話だとは思うのですが……

私(北岡)の場合はこんな感じの乗車姿勢で、身長176cmというのも関係してくるのでしょうけれど、気分的には『ハンドル位置の低いネイキッド』みたいな姿勢だと感じます。

その理由はたぶんシートやステップとの位置関係。

特にステップ位置ですが、ちょっと前寄りの位置にあると思う。気分的には腰から下はネイキッドみたいな乗車感覚です。上半身もセパハンのバイクとして考えるとけっこう起きてる。

試しにジクサーSF250のライディングポジション写真を置いてみます……が、自分でやっておいて何ですけどコレわかりにくいですね(笑)

体感的には大きく違うように感じていたいたんですが……

ということで、今度は2枚を重ねてみます。完全に同寸の写真ではないので、それでもわかりにくさは残りますが。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します