サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ・ルーキーテストに参加した4人の“新人”。驚速マシンSF19に何を感じたか

ここから本文です

 鈴鹿サーキットで行なわれたスーパーフォーミュラ合同/ルーキーテスト。その最終日はルーキー限定の走行枠として2セッションが実施され、4名のドライバーが参加した。

 その4名とは、合同テストでも走行した佐藤蓮(Red Bull MUGEN Team Goh)と三宅淳詞(KCMG)、そしてルーキーテストからの参加となる平良響(ROOKIE Racing)、ジェントルマンドライバーの今田信宏(B-Max Racing Team)だった。彼らはセッション後の囲み取材に応じ、テストを終えての率直な心境を語った。

■スーパーフォーミュラ合同/ルーキーテスト:最終日はルーキー限定セッション。佐藤蓮が総合トップタイム

■「負ける訳にはいかなかった」総合トップタイムの佐藤蓮。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン