サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】KTM、中期的にはMotoGPで3チーム目も模索? ドゥカティの勢力拡大には警戒感も

ここから本文です
 MotoGPには現在ホンダ、ヤマハ、スズキ、ドゥカティ、KTM、アプリリアの6メーカーが参戦している。そして彼らはインディペンデントチームへマシンを供給して”陣営”を形作っている。2022年にはグレシーニ・レーシングがドゥカティ傘下へと移り、ドゥカティ勢は4チーム8台とグリッド上での最大勢力になる予定だ。この状況に対して、KTMは中期的には供給チームを増やす可能性を検討しているようだ。

 MotoGPを運営するドルナ・スポーツは、各メーカーにひとつずつサテライトチームを持つことを働きかけている。

おすすめのニュース

サイトトップへ