サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「巨大すぎるディスプレイ」を確認、VW パサート 次期型のインテリアは大胆に進化する

ここから本文です
VWは現在、欧州Dセグメントモデル『パサート』次期型の開発を進めている。今回、スクープサイト「Spyder7」は、巨大なディスプレイを備えた最新プロトタイプ車両のインテリアをスクープすることに成功した。

社内コード「B9」と呼ばれるパサートのプロトタイプは、フロント&リアエンドにお得意のステッカーが貼られ、一見従来型に見えるよう新デザインがカモフラージュされている。ワゴンタイプの「ヴァリアント」ボディだが、リアガラスはクーペのように寝かされており、これが従来型との大きな違いといえそうだ。ヘッドライトは、『ゴルフ8』に似たLEDデイタイムランニングライトの装着が予想されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ