サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東京オートサロン直前! エアロパーツの歴史を振り返る

ここから本文です

東京オートサロン直前! エアロパーツの歴史を振り返る

■エアロパーツは、チューニングの延長からドレスアップパーツへ!

 正規ディーラーで、オプションとしてさまざまなエアロパーツ、外装パーツを選べる時代になりました。しかし、ほんの30年ほど前までは、エアロパーツを纏ったクルマは、まだマイナーな存在でした。
 
 エアロパーツがどのようにして市民権を得ていまに至ったのか、その歴史と、爆発的に人気を博したエアロキットを紹介します。

伊勢エビ? ツノが生えた「ハイエース」が激減! ド派手カスタムが難しくなった理由

 本格的にエアロパーツが注目されはじめたのは、今からさかのぼること25年ほど前です。この当時はまだ、エンジンパワーを追求するチューニングが主流で、クルマの外装にこだわるオーナーは少数派でした。
 
 チューニングのベース車両となったのは、日産「シルビア」(S13)、マツダ「RX-7」(FC-3S)、トヨタ「スープラ」(70)でした。
 
 このなかでもRX-7は、JSSレース(ジャパン・スーパースポーツ・セダンレース)の影響もあり、ボディキットがリリースされていましたが、それ以外の車種では、純正スポイラーに追加装着させるリップスポイラー程度で、フロント、サイド、リアバンパーを含めたフルキットのエアロパーツは存在していませんでした。
 
 このような時代に、クルマの外装パーツ、エアロパーツをクローズアップした「CARism(カリスマ)」というカスタム雑誌が創刊されました。この雑誌は、エアロパーツを装着したクルマをビジュアルを作り込んで紹介することでその魅力を伝え、クルマのチューニングとは別にドレスアップというカスタムを広める役割を持ちました。
 
 CARismは当初スポーツカーのエアロパーツ装着車両を紹介していましたが、その後セダン、ワゴン、軽自動車へと広がります。こうして、ミニバンという言葉が世に広まる1990年代には、エアロパーツの装着が市民権を得て、新型車の登場とともに専用のフルエアロキットがエアロパーツメーカーからリリースされるようになります。
 
 この現象は自動車メーカーにも強く影響を及ぼし、ディーラーで数多くの外装キットをオプションとして選べるようになりました。
 
 さらに、メーカー直系のTRD、ニスモ、無限、STi、ラリアートといったレース部門からもストリート向けにボディキットが次々とリリースされ、ワークスカーのようなクルマにカスタムすることが流行りました。

■RE雨宮やヴェイルサイド、時代をつくったチューナーたち

 1995年の「自動車部品の規制緩和」も追い風となり、エアロキットは一時のブームから市民権を得るようになりました。
 
 毎年1月に開催される東京オートサロンでは、チューナーやエアロメーカーの新作やコンプリートカーが大いに注目を集めました。そのなかでも、一世を風靡したエアロキットを紹介します。

●伝説のマシン!:RE雨宮GReddy(グレッディ)シリーズ

 RX-7オーナーのみならず、チューニングフリークから注目され続けたのがRE雨宮グレッディシリーズです。
 
 RE雨宮のグレッディシリーズのすべてが「東京オートサロン」でデビューしています。時代を遡れば、晴海会場でおこなわれていた「エキサイテインクカーショー」時代から期待を裏切らないチューニングカーを発表していました。
 
 オリジナリティに溢れ、革新的なスタイルは、時代のトレンドリーダーとして常に注目を集めていました。

●過激なスタイリング!:ヴェイルサイド・コンバットシリーズ

 ゼロヨンでその名を高めたチューニングショップ「ヴェイルサイド」が作ったエアロボディキットは、コンプリートモデルと呼びたくなるくらいにクルマの印象を変える攻撃的かつ過激なデザインでした。
 
 そのなかでもさまざまなスポーツカーにエアロキットをラインナップしたコンバットシリーズが有名です。
 
 ヴェイルサイドといえば、コンプリートモデルが『ワイルド・スピード』のドミニクの愛車という設定で劇中車として起用されたことでも注目を集めました。

●一世風靡したエアロパーツメーカー:BOMEX(ボメックス)

 スポーツ系のエアロパーツメーカーとして数多くのファンを持ち、幅広い車種ラインナップを誇っていたのがボメックスです。
 
 シンプルなデザインから独創的で過激なスタイリングまで、同じ車種に3タイプ、4タイプもエアロキットをリリースするメーカーでした。
 
 また、エアロパーツ以外では金属製のターボエンブレムも大ヒットしました。モチーフになったのはポルシェのターボエンブレムで、ゴールドのターボエンブレムは当時の走り屋たちの定番アイテムでした。

※ ※ ※

 1990年代後半、数多くのエアロパーツのメーカーができました。そのなかには、自動車メーカー純正オプションのエアロパーツを開発するようになるエアロパーツメーカーも登場します。
 
 そもそも改造車の祭典であった東京オートサロンに、日本の自動車メーカーが出展するようになり、エアロパーツメーカーが開発したエアロパーツを纏った出展車両が、開発社の名前を伏せて自動車メーカーのブースに展示されるようになりました。
 
 このときが、エアロパーツが市民権を得た瞬間だともいえそうです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します