サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クラッシュのボッタスとラッセル、互いを激しく非難「紳士協定違反の危険な行為」/F1第2戦

ここから本文です
 2021年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスとウイリアムズのジョージ・ラッセルが接触し、非常に大きなアクシデントに発展した。幸いふたりにけがはなく、スチュワードは調査の結果、レーシングインシデントであるとして、ペナルティの必要はないという裁定を下した。しかし決勝直後の段階では、ふたりは互いに相手に過失があると主張している。

 30周目に9番手のボッタスがタンブレロに近づくなか、後方からラッセルが追いつき、並びかけたところで右側のタイヤが濡れた路面に乗り、ラッセルはスピン、ボッタスに衝突した。2台はコースオフ、マシンが大破した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン