サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 中央道「初狩PA」で出会った期間限定復活のPA飯 バイクで行く高速道路グルメ

ここから本文です

中央道「初狩PA」で出会った期間限定復活のPA飯 バイクで行く高速道路グルメ

■舞茸の天ぷらを卵とじで? 独特なメニューとの出会いも面白い

 山梨県大月市に位置する中央自動車道の「初狩PA」(上り)は、小型(自動車)の駐車スペースが23台分、大型は9台分と、かなりコンパクトです。残念ながら2輪専用の駐車スペースはありませんが、ここは地元ならではの食材を使ったメニューが食べられるスナックコーナー「峠の茶屋」が魅力的です。

かつて多くのバイクファンが訪れた場所 「上野バイク街」と呼ばれた一帯は今……

 きんぴらごぼうとキャベツという異色のトッピングが味わえる「富士吉田の田舎うどん」は、メニュー看板に「日本一かたい! けどハマる人続出」とあり、かなり気になります。

 しかし今回選んだメニューは、期間限定復活という「舞茸天丼(卵とじ)」(700円)です。地元で取れた舞茸をふんだんに使い、その天ぷらを卵でとじるという意外な一品。舞茸が主役の、まさに「山のご飯」という感じで期待大です。

 出来上がった丼は、卵の黄色と舞茸の色のコントラストが独特ですが、個人的には食欲をそそられます。口へ運ぶと舞茸の素朴な風味が卵で包まれ、お互い喧嘩することなく調和し、舞茸の食感と衣に沁み込んだタレの味が絶妙です。味噌汁と野沢菜がセットになっています。

 このお店にはいろいろと気になるメニューがあります。山生まれの塩(?)を使った「やまじおプリン」(390円)や、「やまじおや塩サイダー」(280円)、持ち帰りできる「あったか手むすび」などが推しのようです。さらには清里から直送される新鮮な野菜まで販売していました。

 全面的に「山ごはん」を掲げるPAだけに、ほかにもいろいろな発見がありそうです。信州や甲府方面でのツーリングの際に、休憩がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します