サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ、アクセラ教習車の累計生産台数1万台を達成

ここから本文です

マツダ、アクセラ教習車の累計生産台数1万台を達成

マツダ、アクセラ教習車の累計生産台数1万台を達成

マツダは6月5日、「マツダ アクセラ」をベースとした教習車の累計生産台数が、1万台を達成したことを発表した。これは2004年5月の生産開始以来、約10年での達成となる。

「アクセラ」教習車は、自動車教習所の指導要領に正確に対応して開発され、ドライバーを中心に考えて設計された運転操作環境や広い運転視界、さらに自動車メーカー自らが生産することによる高い品質などが好評で、これまでに全国約440カ所の自動車教習所で導入されている。現在マツダでは、2013年にフルモデルチェンジした3代目「アクセラ」をベースとした教習車を2014年4月より販売しており、5月末までに約1000台を受注したという。

同日、マツダE&T特装工場(広島県広島市)でおこなわれた1万台達成の記念式典に列席したマツダの黒沢専務執行役員は、「このたび、アクセラ教習車の累計生産台数が節目となる1万台を達成したことを大変嬉しく思います。人生で初めて運転するクルマとしてアクセラ教習車に乗っていただくことで、クルマ本来の走る歓びを感じていただき、より多くの方に運転を好きになっていただけることを願っています」と語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します