サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「Be-1」「パオ」に続くパイクカー第3弾「フィガロ」はなぜ人気? 30年経っても新車価格から値落ちしない理由とは

ここから本文です
■バブルだったから実現できたパイクカー・シリーズ第3弾とは

 1980年代後半から1990年代前半にかけてのバブル期は、いま振り返ってみると、狂乱とも形容したくなるほどかおかしな時代だったように思う。当時学生から社会人になろうとしていた筆者は、一時期銀座でアルバイトをしていたのだが、お客さんにひと粒5000円のイチゴをご馳走してもらったことがある。ひと箱ではなく、ひと粒で5000円。半日以上仕事してひと粒買うのが精一杯などと思いながら食べたので、味なんぞまったく覚えていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ