サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【PHEVのSUV 3台を直接比較】BMW X3 x ボルボXC60 x ディスカバリー・スポーツ 前編

ここから本文です

【PHEVのSUV 3台を直接比較】BMW X3 x ボルボXC60 x ディスカバリー・スポーツ 前編

PHEVが追加されたディスカバリー・スポーツ

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)

【画像】ディスカバリー・スポーツとX3、XC60 PHEVのSUV 3台を比較 全71枚

photo:Olgun Kordal(オルガン・コーダル)

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


数年前に発表された、ランドeというコンセプトカーをご存知だろうか。筆者は以前、英国ゲイドンにあるランドローバー本社のロビーでランドeについての話を聞き、充実した時間を過ごすことができた。

市販車の燃費効率を向上させる技術をアピールする、ショーケース的な役割を持っていた。ランドローバー・フリーランダーくらいのボディに、ダウンサイジング・エンジンのハイブリッドと、リアタイヤ用の電気モーターが積まれていた。2006年の話だ。

でもランドローバーの経営陣は、その可能性を見抜くことができなかったようだ。電動化されたランドローバーの需要を、イメージできなかったのかもしれない。でも今なら、間違いなく需要がある。

そんなコンセプトカーの発表から15年。プラグイン・ハイブリッド(PHEV)のディスカバリー・スポーツ P300eが英国に導入された。遅れながらも、購入希望者が増え続けるPHEVのSUVに仲間入りすることができた。

フォードもアウディも、ボルボやフォルクスワーゲンも、PHEVのSUVをすでに販売している。新しいディスカバリー・スポーツ P300eは、そんな競争の激しいSUV市場で充分なプレゼンスを持つことはできるだろうか。

さらに自動車メーカーとして、平均のCO2排出量削減に充分な効果は得られるだろうか。おそらく、どちらも可能だと思う。といっても、ディスカバリー・スポーツ P300eはランドローバー初のPHEVではないのだが。

リアタイヤは電気モーターで駆動する

ディスカバリー・スポーツは、全世界で見ればジャガー・ランドローバーのベストセラー・モデル。その中でP300eは、手頃な価格とはいえない。しかし、今回のPHEVのライバル2台よりは安い。

英国では税制面でも有利だし、優れた燃費で経済的なメリットは大きいはず。では実際に所有し、毎日運転するドライバーにとって、お財布以外の説得力をディスカバリー・スポーツ P300eは備えているだろうか。

今回は、BMW X3 xドライブ30eとボルボXC60 T6 リチャージとの3台で比較試乗を行ったが、その答えは、少しの自信を持ってイエス。スペック上で優位なだけでなく、優れたドライビング体験も得られることがわかった。

上質で応答性が良く、快適。ただし燃費はカタログ値ほど伸びない。その他大勢のPHEVと同様に、運転スタイルにも依存する。ドライバー次第、というのは少し無責任かもしれないけれど。

ディスカバリー・スポーツ P300eのPHEVシステムは、ボルボに似ている。XC60 リチャージと同様に、リアタイヤ側を駆動するのは電気モーター。四輪駆動ではあるが、基本的には前輪駆動と近い。

ランドローバーながら、メカニカル・パーマネント方式の四輪駆動ではない。他方のBMWはクラッチを用いた四輪駆動。ドライブシャフトで前後のタイヤが結ばれている。

ブランドの伝統を考えれば、大英断にも思える。そのかわりEVモードでの走行効率を高めることができる。ドライブラインの摩擦や回転ロスが大幅に低減されるためだ。

3台で一番バッテリーが大きいディスコ

早速、BMW X3とボルボXC60、ディスカバリー・スポーツのPHEV版、3台の比較を始めてみよう。

バッテリー容量は、ランドローバーが15kWhと一番大きい。BMWは12kWh、ボルボは11.6kWhとなる。そのおかげで、ディスカバリー・スポーツ P300eが一番遠くの家までEVモードで帰ることができる。

EVモードでの航続距離は、カタログ値ではランドローバーが3台で最長。混雑した都市部からスタートし、郊外の道へ足を伸ばした実際のテストでも、実用的な距離を走ることができた。

満充電でディスカバリー・スポーツが48km、XC60は40kmで、X3は32kmくらいが実際的な距離になるようだ。もし往復で45kmくらいの自動車通勤をしているなら、モデル選択に大きな影響を及ぼすだろう。

英国では、ガソリンにかかる税金が引き上げられる可能性もなくはない。EVモードでの航続距離の違いは、使用するガソリンの量の違いでもある。

ボディの見た目は、ディスカバリー・スポーツが短く狭く、一番SUVらしい。それでいて車内は意外と広く、実用性はライバル並みに優れる。着座姿勢はアップライト気味で、リアシートはスライド可能。ボルボもBMWも、リアシートは前後に動かない。

今回の3台では、どのリアシートに大人が座っても長距離を快適に移動できる。しかし一番快適だと思うのは、ディスカバリー・スポーツ。空間のゆとりだけでなく、車窓から眺めもいい。

インテリアデザインは甲乙つけがたい

ディスカバリー・スポーツのインテリアは、大幅に上質さを増している。高級感ある素材と先進的な技術が、しっかり主張するようになった。

試乗車にはアイボリーのレザーに、明るいナチュラルカラーのウッドパネルがあしらわれ、メーターパネルは鮮明なモニター式。多機能なセンターコンソールが組み合わされ、とてもいい雰囲気にまとまっていた。

インテリアは、BMWもボルボも悪くない。XC60は大胆で新鮮味がある。X3は全体的な質感の高さに感心する。慣れつつあるけれど。長距離移動する空間として、デザインは甲乙つけがたいと感じた。

着座位置は、BMWがステーションワゴンのように低い。対象的にランドローバーはシート位置が高く、周囲を見渡せる。XC60はその中間だが、どちらかといえばBMWに近い。

車高を高く感じるクルマに抵抗があるなら、ディスカバリー・スポーツは好みになりにくいだろう。もっともSUVを選ぶなら、多少でも背の高いクルマを望んでいるはずだ。

今回の3台は、いずれも3列目シートを指定できない。荷室容量は、XC60とディスカバリー・スポーツがほぼ同じ。X3はハイブリッド・システムが後輪の車軸上に載り、荷室の床面が75mm程度かさ上げしてある。狭いとまでは感じないにしろ。

観察はこのくらいにして走り出してみよう。

ランドローバーは、モダンで高級なSUVらしい個性が目指されている。乗り心地はしなやかで快適。ボディは大きいものの、扱いやすい操縦性を備え、電気モーターが融合した力強いトルクが直ぐそばにある。

この続きは後編にて。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します