サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】「ライバルの進化は“予想以上”だった」ジョアン・ミル、苦々しい思いで苦境認める

ここから本文です

 2020年にMotoGP王者となったスズキのジョアン・ミル。彼は王座防衛をかけた2021年の戦いでは前半戦を未勝利、ランキングでも55ポイント差の4番手という成績で折り返した。

 ミルは2021年シーズンの苦戦について、2020年シーズンからバイクの進歩が足りておらず、現状ではタイトル防衛に十分なパッケージではないと指摘していた。

■今のスズキじゃタイトル防衛は無理? 王者ミル、シーズン後半戦に向け改善必須の危機感

 2021年シーズンは、新型コロナウイルスの影響によってアプリリアとKTM以外のメーカーはエンジン開発が凍結。2020年と同じモノを使用することになっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン