サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なんと豪華シートはダメだった! アルファードに学ぶ「ミニバン車中泊」の椅子選び

ここから本文です

なんと豪華シートはダメだった! アルファードに学ぶ「ミニバン車中泊」の椅子選び

普段使いと車中泊の二刀流カーとして最高峰のミニバン

 普段は普通の乗用車として使え、しかし車中泊に適したクルマといえば、ミニバンが筆頭に挙がる。なにしろセダンやワゴン、SUVとは比べ物にならない室内大空間やシートアレンジ性の良さを備えているからだ。とくに重要なのが、室内高。そしてシートアレンジをしたときのフラット度と車中泊に便利な装備、車中泊用アクセサリーの充実度だろう。

「車中泊したいなら、実は軽自動車一択です」プロが断言する理由とは?

2列目シートの形が車中泊カー選びの肝

 室内高については、フラット化した部分をベッドスペースだけでなく、お座敷化するのに必須。1400mmが国内最大級で、ミニバンの売れ行きを大きく左右するポイントにもなっている(アルヴェルやMクラスボックス型ミニバンなどが相当する)。室内高に余裕があれば、寝ていないときに座り、移動することも容易になり、なによりも狭さを感じにくく車内で過ごせるのである。

 シートアレンジによる車内のベッド化、お座敷化については、2列目席の形状がモノを言う。ほとんどの場合、キャプテンシートよりベンチシートのほうが有利かつ適している。キャプテンシートは贅沢なかけ心地にこだわっているため、リクライニングさせても凸凹面が大きくなりがち。その点、ベンチシートは比較的凸凹が少なくフラットに倒せるのだ。

 幅方向では、とくに大人ふたりと子どもの3人が縦になって横になるシチュエーションだと、シートが左右別体で間に隙間が開くようなキャプテンシートだと幅的に不可能。キャプテンシートでも左右スライドが可能なクルマもあるにはあるが、中寄せしてセミベンチシート化したところで、幅はベンチシートより狭くなってしまうのだ。

快適に車中泊するなら「AC100V/1500W」コンセント

 ミニバンに限らず、クルマで車中泊する際におおいに役立つのが、まずはHVやPHVカーであること。それもAC100V/1500Wコンセントが付いていれば、外部から電源が取れなくても、車内外で家電品が使えて超便利。スマホの充電(これはUSBソケットからでもOK)はもちろんのこと、コーヒーメーカー、簡易電子レンジ、ホットプレート、電子蚊取り器、扇風機、照明などを使え、かなり文化的かつ快適な車中泊が可能になるのだ。

 わが家では、AC100V/1500Wコンセント付きのクルマの車中泊にぴったりな、北欧・スウェーデンのインテリアメーカー「FARG & FORM」社の人気スタイリッシュブランド「moz」とコラボした、20分の充電時間で最大8時間ポカポカのコードレス蓄熱式湯たんぽ「moz HEAT RESERVE POKA YUTANPO」(3色展開)をドライブに持参することもある。車内にAC100V/1500Wコンセントがあれば、いつでも追加充電が可能になるというわけだ。ひとりひとつあれば、エアコンの暖房に頼らず、寒さをある程度しのげることになるから、アルファードHVのようなAC100V/1500Wコンセント付きのミニバンに乗っているユーザーにはお薦めである。

 そしてもちろん、車中泊用のアクセサリーの充実度も、快適で便利な車中泊を楽しむためには欠かせないポイント。純正アクセサリーだけでなく、アフターマーケットのアクセサリーにも目を向けるべきで、カーテン、ベッドマットレスなど、さまざまなアイテムが車種専用を含め揃っているからぜひ、チェックしてほしい。

アルファードの車中泊なら「HV X 8人乗り」がベスト!

 さて、本題に入ろう。ここでは、大人気プレミアムミニバン、「トヨタ・アルファード」の車中泊適性度について考えたい。ズバリ、「ハイエース」などの1BOXカーなどを除けば、普段使いと車中泊の二刀流カーとして最高峰と言っていい。なにしろ室内長3210mm×室内幅1590mm×室内高1400mmは乗用車最大級。くどいようだが、室内高の1400mmが室内空間の広々感、車中泊の快適度の決め手になるポイントなのである(ちなみに、売れているミニバンの室内高は1400mm)。

 また、アルファードでアウトドア、車中泊を楽しみたいなら、「HV」モデルのチョイスが理想で、グレードによってAC100C/1500Wコンセントが1個または2個装備されるのだから頼もしい。

 ただし、車中泊のためにアルファードを買うのであれば、グレード、というか2列目席の仕様はひとつに絞られる。つまり、HV Xの2列目席ベンチシートの8人乗りがベストとなる。このグレードだとAC100V/1500Wコンセントは1個になってしまうが、やはり車内のベッド化、お座敷化の際のフラット度、幅、使いやすさで2列目席キャプテンシート仕様を退けるのである。しかも、アレンジしてフラット化した、それでも凸凹の残るシートを完全に近くフラット化できる市販のミニバン用ベッドマットレスも、ベンチシート仕様を基本としているからだ。

 具体的には、アルファードのベンチシート仕様(リクライニング角度83度)をフラットアレンジすると、幅は最大1400mm(座面幅)、長さも2000mmに達するから、つまりは最大幅の部分で、大人が真っすぐ寝られるダブルベッド並みのスペースが確保されることになる! 車内のベッド化、お座敷化前提なら、やはりHV X 8人乗りがベストということだ。

2名ならリラックスキャプテンシートでもイケる

 もっとも、アルファードの大きな魅力が2列目キャプテンシートの贅沢な居心地、かけ心地だ。だが、車中泊のためには、それを諦める必要がある……。

 どうしても、キャプテンシートで車中泊を! というなら、2名限定であればなんとかなる。それは、HV Xの7人乗り、リラックスキャプテンシート仕様を選ぶことだ。リラックスキャプテンシート(リクライニング角度83度)は、中寄せスライドすることで2脚合計の幅最大1020mmを確保することができる(座面部分)。これにより、シングルベッド程度のスペースの確保、凸凹は大きめながら、それなりのベッド化、お座敷化が可能となる。仮眠程度であれば、2列目リラックスキャプテンシートを最大限リクライニングするだけでも、航空機のビジネスクラス程度の寝心地(?)で横になることもできたりする。

 もちろん、本気な車中泊なら、8人乗りの2列目ベンチシートがベターであることは言うまでもない。車中泊前提のアルファードの2列目席の選択、これは悩ましい……。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します