現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > KINTO調査で判明! 働く世代は定額減税分[消費に回す]は2割だが……国内旅行の足は[クルマ]が最多!!

ここから本文です

KINTO調査で判明! 働く世代は定額減税分[消費に回す]は2割だが……国内旅行の足は[クルマ]が最多!!

掲載 1
KINTO調査で判明! 働く世代は定額減税分[消費に回す]は2割だが……国内旅行の足は[クルマ]が最多!!

 KINTOは2024年5月27日、「クルマとお金」に関する意識調査の結果を発表した。その結果、働く世代が定額減税分を消費に回そうと考えているのは2割ほどで、賃上げでもクルマへの出費額は前年なみと考えている人が多かったことがわかった。

文:ベストカーWeb編集部/写真:KINTO

KINTO調査で判明! 働く世代は定額減税分[消費に回す]は2割だが……国内旅行の足は[クルマ]が最多!!

■「移動」のモチベーションは堅調で2024年の旅行で使いたい手段は「クルマ」が首位

定額減税分は貯蓄するという人が6割近くにのぼった

 今回のアンケートの調査方法は、IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査で、調査期間は2024年5月7~同年5月9日まで、有効回答数は60歳以下の働く世代530名となっている。

 まずは「Q1.2024年6月から所得税・住民税をあわせてひとりあたり計4万円の定額減税が実施される予定です。あなたは、この定額減税により増加する手取り金額の4万円分を「貯蓄」と「消費」のどちらに回すつもりですか」と質問したところ、「消費」は6.8%、「どちらかというと消費」は12.5%と、「消費に回す」はあわせて2割弱にとどまった。

 一方、「貯蓄」は28.0%、「どちらかというと貯蓄」は31.5%と、「貯蓄に回す」は合わせて約6割にのぼり、過半数を占めた。

Q2では「定額減税分の4万円は緊急時の備えに使いたい」と回答した人が約4割にものぼった

 さらにQ1で「貯蓄」「どちらかというと貯蓄」と回答した人に、「Q2.具体的に4万円を将来何に使っていきたいと考えていますか」(複数回答)と質問したところ、「緊急時の備え」が38.6%でトップとなり、続いて「退職後の生活資金」が31.3%、「食費」「旅行」がいずれも17.1%と並んだ。なお、2024年1月から新NISA制度が始まった影響もあってか、「投資」は13.9%に。

 Q1で「消費」「どちらかというと消費」と回答した人に、「Q3.具体的に4万円を何に使いたいと考えていますか。(複数回答)」と質問したところ、「趣味」が45.1%とトップとなり、続いて「食費」が44.1%、「旅行」が28.4%だった。



記事リンク















前の記事





中古BEV相場は急落する? 必要なのは「長く安心して使える制度」と「ブロックチェーン」















次の記事





旧車の味はハンパない!! 2.8L直6搭載の[初代ソアラ]加速はイマイチ!? トヨタ系企業が提案する[旧車の楽しみ方]















■定額減税分はクルマの税金に充てたい人が約6割に

4万円分は税金に充てたいと考える人が約6割に

 Q2またはQ3で「クルマ関連費」と回答した人に、「Q4.定額減税分の4万円をクルマに関する何に充てたいと考えていますか」(複数回答)と質問したところ、5月の自動車税の納付シーズンを念頭においてか、「税金」が58.3%とトップに。これに続いて「メンテナンス費」が47.2%、「クルマを購入する資金の一部」が41.7%だった。

「クルマを所有している」と回答した人に、「Q7.あなたがクルマにかけている出費(車両の購入/利用費用に、ローン、保険、税金、ガソリン代、駐車場代、ランニングコストの支払いなども加えた全体)は月あたりに換算すると、どの程度ですか」と実感について質問したところ、「2万円台」が23.8%%でトップとなり、これに続いて、「1万円台」が23.3%、「1万円未満」が18.8%となった。

マイカーを所有していない層が考えたクルマ関連の出費は1万円台が許容範囲に

「クルマを所有していない」と回答した人に、「Q8.あなたが仮にクルマを所有している場合、クルマにかける出費(車両の購入/利用費用に、ローン、保険、税金、ガソリン代、駐車場代、ランニングコストの支払いなども加えた全体)は月あたりどの程度が許容範囲ですか」と質問したところ、「1万円台」が13.5%でトップとなり、Q7の回答が示したクルマ所有者の実感とは一定の乖離があることが判明。

「クルマを所有している」と回答した人に、「Q9.2024年、定額減税や賃上げ、株価上昇などの要因で可処分所得が増加する場合も踏まえて、あなたはクルマにかける出費を2023年に比べてどのようにしていきたいと考えていますか」との質問には、「前年から変更しない」が35.1%と、「増やしたい」「減らしたい」のいずれをも抑えてトップとなった。

 クルマの所有有無にかかわらず、「Q10.足もとの経済状況を踏まえて、保険や税金など諸経費を含めた月々定額の利用料を支払って、3年や5年などの一定の利用期間だけクルマを利用する『クルマのサブスクリプションサービス』に興味がありますか」と質問したところ、「非常に興味がある」が6.6%、「やや興味がある」が33.0%と、「興味がある」は合わせて約4割だった。

■国内旅行の移動手段としては「クルマ」を約7割が利用

2024年のゴールデンウィークに国内旅行した人の約7割がクルマを利用

「Q11.あなたは今年のゴールデンウィークに旅行しましたか」と質問したところ、「はい」は41.9%で、Q11で「はい」と回答した人に、「Q12.国内・海外どちらに旅行したか教えてください」(複数回答)と質問したところ、「国内」が99.0%と、圧倒的に多数を占めた。

また、Q11で「はい」と回答した人に、「Q13.今年のゴールデンウィークに旅行した際に、主な『移動の足』として何を利用しましたか」(複数回答)と質問したところ、「クルマ」が68.9%とトップとなり、続いて「電車/新幹線」が31.5%、「飛行機」が26.6%だった。

今後の旅行の移動時の足には6割超がクルマを選んだ

「Q14.2024年は3日以上の連休が11回ある「当たり年」と言われ、例年より旅行の機会も増えると予想されるなか、今後、旅行の際にあなたが主に利用したいと考えている「移動の足」を教えてください」(複数回答)と質問したところ、「クルマ」が60.4%とトップとなり、続いて「電車/新幹線」が47.2%、「飛行機」が35.5%に。

■3連休以上が11回もある当たり年の2024年

国内旅行のニーズは潜在的に高く、その際の足にはクルマを選ぶユーザーが多いことが判明

 KINTOでは、2024年に入り、歴史的な賃上げや株価の史上最高値更新、定額減税など、可処分所得の増加につながる出来事が相次ぐ状況を踏まえて、今回、「クルマとお金」をテーマに、働く世代の意識を調査。

 まず、所得から税金や社会保険料などを差し引き、自分の意思で自由に使える「可処分所得」が2024年に「増加しそう」と回答したのは約4割と、「減少しそう」の2割弱を上回ったのに加えて、過去5年を振り返った場合にも、「増加した」が「減少した」を上回り、働く世代の一定の割合が自らの可処分所得についてポジティブに受け止めていることがわかった。

 一方、2024年6月から実施予定の定額減税については、減税分の4万円を「消費に回す」としたのは2割弱にとどまったほか、「貯蓄に回す」とした多くが「緊急時の備え」に充てると回答するなど、円安の進行を受けた物価高騰などもあってか、依然として家計は厳しい状況にある実態が浮き彫りに。

 こうした傾向は「クルマ」についても同様で、仮に可処分所得が増えたとしても、「クルマにかける出費を前年から変更しない」がトップとなった。なお、普段クルマにかけている出費の実感は「月2万円台」が最も多く、個人収入の平均が400万円台とされるなかでこうしたボリュームは小さくないことから、多くの人たちの間で「クルマにかける出費を今よりさらに増やそう」というモチベーションは高まっていない現状が垣間見えた。

 その一方、「移動したい」というモチベーションは堅調で、それを実現する手軽な手段として、「クルマ」に根強いニーズがあることもわかった。2024年のゴールデンウィークは円安の影響もあってか、大多数が国内での旅行を選んだと回答し、最も多く利用された「移動の足」は「クルマ」だった。

 さらに、2024年は3日以上の連休が11回もある「当たり年」で、旅行の機会が例年より多くなると見込まれるなかで、利用したい移動手段の首位となったのも「クルマ」となった。

【画像ギャラリー】KINTO調査によって働く世代は定額減税分を貯蓄が主流判明も、国内旅行の足にはクルマを選ぶ層がメイン!(12枚)

投稿 KINTO調査で判明! 働く世代は定額減税分[消費に回す]は2割だが……国内旅行の足は[クルマ]が最多!! は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

「ドライブスルー恐怖症」どう克服?「ぶつけそう」「手が届かない」繊細な"運転テクニック"必要な店舗システムの「攻略法」とは
「ドライブスルー恐怖症」どう克服?「ぶつけそう」「手が届かない」繊細な"運転テクニック"必要な店舗システムの「攻略法」とは
くるまのニュース
美しさと空力、積載性を兼ね備えたルーフボックス「THULE モーション3」発売
美しさと空力、積載性を兼ね備えたルーフボックス「THULE モーション3」発売
レスポンス
カーマニアなパパママも興奮間違いなし! トヨタ・スープラのレーシングカーに乗れる小・中学生対象の乗車イベントが富士で開催。
カーマニアなパパママも興奮間違いなし! トヨタ・スープラのレーシングカーに乗れる小・中学生対象の乗車イベントが富士で開催。
くるくら
新グラフィックモデル「VESTER」が【Kabuto】のシステムヘルメット「RYUKI」に追加!車種を問わず、よく似合う!  
新グラフィックモデル「VESTER」が【Kabuto】のシステムヘルメット「RYUKI」に追加!車種を問わず、よく似合う!  
モーサイ
トヨタが完全復活!8号車が今季初勝利、7号車は最後尾から圧巻の4位入賞【WEC第5戦サンパウロ6時間】
トヨタが完全復活!8号車が今季初勝利、7号車は最後尾から圧巻の4位入賞【WEC第5戦サンパウロ6時間】
Webモーターマガジン
サンパウロで優勝のトヨタ8号車、今後は7号車の”サポート役”に? ハートレー「それが残りのシーズンの仕事になる」
サンパウロで優勝のトヨタ8号車、今後は7号車の”サポート役”に? ハートレー「それが残りのシーズンの仕事になる」
motorsport.com 日本版
アウディが幻のスポーツセダンを現代の技術で再現、16気筒スーパーチャージャーは520馬力
アウディが幻のスポーツセダンを現代の技術で再現、16気筒スーパーチャージャーは520馬力
レスポンス
【リコール】ホンダ CBR250RR 計3,191台/ウォータポンプASSY 計59個
【リコール】ホンダ CBR250RR 計3,191台/ウォータポンプASSY 計59個
バイクブロス
デイトナが中央日本4県・88スポットを巡る「黄金KAIDO御刻印ツーリングラリー×茶ミ☆スタラリー」を1/15まで開催中!
デイトナが中央日本4県・88スポットを巡る「黄金KAIDO御刻印ツーリングラリー×茶ミ☆スタラリー」を1/15まで開催中!
バイクブロス
オートレース宇部が初のコラボレーション。秋元康氏プロデュース『WHITE SCORPION』の特別カラーリングで2度目の鈴鹿8耐へ
オートレース宇部が初のコラボレーション。秋元康氏プロデュース『WHITE SCORPION』の特別カラーリングで2度目の鈴鹿8耐へ
AUTOSPORT web
【ホンダ フリード 新型】AIRの外観はシンプルながらも上質
【ホンダ フリード 新型】AIRの外観はシンプルながらも上質
レスポンス
トヨタ新型「“ミニ”RAV4」!? タフ顔「コンパクトSUV」の正体はダイハツ「ロッキー」&「ライズ」&「レックス」!? 「KLC仕様」の正体とは
トヨタ新型「“ミニ”RAV4」!? タフ顔「コンパクトSUV」の正体はダイハツ「ロッキー」&「ライズ」&「レックス」!? 「KLC仕様」の正体とは
くるまのニュース
もはや刺身のフライ!? 日本海の越前ブルーを望む『魚屋の喰い処 まつ田』で究極のアジフライを堪能!!
もはや刺身のフライ!? 日本海の越前ブルーを望む『魚屋の喰い処 まつ田』で究極のアジフライを堪能!!
バイクのニュース
登場から6年[レクサスES]は色褪せず!? セダン不人気時代に[アコード]の逆転劇はあるのか!?
登場から6年[レクサスES]は色褪せず!? セダン不人気時代に[アコード]の逆転劇はあるのか!?
ベストカーWeb
新世代ミニ第4弾・新型「ミニ クーパー 5ドア」が408万円から登場! ガソリンエンジン搭載のみで原点に戻った?
新世代ミニ第4弾・新型「ミニ クーパー 5ドア」が408万円から登場! ガソリンエンジン搭載のみで原点に戻った?
Auto Messe Web
一般道より高速のほうが「安く済む」場合あり! タクシー料金は「一般道」と「高速」で算出方法が違う
一般道より高速のほうが「安く済む」場合あり! タクシー料金は「一般道」と「高速」で算出方法が違う
WEB CARTOP
フォルクスワーゲンが新型「Tクロス」「ティグアン」「パサート」「ゴルフ」「ゴルフ ヴァリアント」を発表、今年下期から順次出荷
フォルクスワーゲンが新型「Tクロス」「ティグアン」「パサート」「ゴルフ」「ゴルフ ヴァリアント」を発表、今年下期から順次出荷
@DIME
高みを目指すサウンドカーが集結!『第11回ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト』注目車レビュー Part. 2
高みを目指すサウンドカーが集結!『第11回ヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト』注目車レビュー Part. 2
レスポンス

みんなのコメント

1件
  • DRAW4
    タイトルにKINTOなんて入れるから、誰も寄り付かないw



    でも、変な釣りタイトルより100倍マシだよ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村