サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「オシャレ」と「乗りやすい」は両立できる!? その答えを教えてくれたスヴァルトピレン401

ここから本文です

「オシャレ」と「乗りやすい」は両立できる!? その答えを教えてくれたスヴァルトピレン401

■オンとオフ、KTMとハスクバーナのいいとこ取りモデル

 大型のオフロードモデルをメインにラインナップしてきた、スウェーデンのバイクメーカー 「ハスクバーナモーターサイクルズ」(以下、ハスクバーナ)が、2013年にKTMの傘下となったことを機に、2018年に登場させたロードスポーツモデル「ヴィットピレン401」。そのヴィットピレン401の姉妹車として同時に発表された、スヴァルトピレン401に試乗しました。

北欧デザインのカッコイイやつ! ハスクバーナ「スヴァルトピレン」に250ccクラスもラインナップ!!

 この2台の姉妹モデルには、KTMのネイキッドスポーツモデル「390デューク」用のエンジンが搭載されており、フレームも共通。違いはそのスタイルで、ヴィットピレン401がカフェレーサースタイルであるのに対し、スヴァルトピレン401はブロックタイヤにアップマウントされたワイドハンドルを装着したダートレーサースタイルとなっています。

 そうなると、ロードスポーツが得意なKTMの技術に、オフロードモデルに特化したハスクバーナの技術が融合したモデルが、「スヴァルトピレン401」ということになるのでは!? と、両方のいいとこ取りをしたようなお得なイメージが浮かび、どちらかというとロードスポーツモデルが好きだけど、走破性も捨てがたいという私には理想的で、気になる存在です。

 まずは、そんなスヴァルトピレン401のデザイン面をチェックしました。

 印象的なのは、稲妻をかたどったような水平基調の斬新なボディで、その無機質でオモチャのようなイメージが、めちゃくちゃ好み!シンプルで、必要最低限の装飾しか付いていないのに、車体を構成するすべてのラインが計算し尽されているようなこだわりを感じます。

 「めちゃくちゃオシャレ!でも、乗りにくそう。」これが、私がスヴァルトピレン401を見た、最初の感想でした。シンプルで、部屋のオブジェにしたいほどオシャレだけど、そのデザイン性へのこだわりの強さ故、直線的すぎてライダーとのフィット感を、見た目からは感じる事ができません。

 これは、以前KTM「390デューク」に乗った時に感じたのですが、国産メーカーのロードモデルとは違い、少しタンクの背が高くて角ばっているため、乗っていると前傾姿勢となった体に当たり、違和感でした。

 そういった体験により、「オシャレなバイクは、乗りづらい。」そんな印象をもってしまっていた私は、この直線基調の完璧なデザインを見て、体にフィットしない乗り心地を予想してしまったのです。

 しかし、いざ乗ってみると、かなり乗りやすくてビックリ。この直線で構成されたような造形の、どこに人間の体にフィットする要素があるのか、まったく理解はできませんが、スヴァルトピレン401は、「オシャレ」と「乗りやすい」の両立を、かなり高い次元で実現していたのです。

 操作性も抜群で、ライダーが思った通りの「走る、止まる、曲がる」を再現してくれます。

 気になった点を挙げるとすれば、少し低速でのトルクが弱いので、初心者のエンストには要注意。足つきもあまり良くはなく、身長165?の私で、両足の指の裏が付く程度でした。

 また、車名に「401」とありますが、エンジンはKTM「DUKE390」に搭載されている、水冷単気筒DOHC4バルブのため、排気量は373ccです。

 普通自動二輪免許で乗ることができる、ハスクバーナのオシャレなダートレーサーモデル「スヴァルトピレン401」の価格(消費税込)は、69万5000円です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します