サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スズキのコンパクトクロスオーバー「イグニス」が一部改良! SUVテイストを強調した新グレード「ハイブリッドMF」を新設定

ここから本文です

スズキのコンパクトクロスオーバー「イグニス」が一部改良! SUVテイストを強調した新グレード「ハイブリッドMF」を新設定

2月4日、スズキは一部改良を受けた新型「イグニス」を発売した。税込車両価格は152万2400円~197万5600円だ。

新デザインのフロントグリルでより力強いイメージに

ルノー・トゥインゴに5速MTを搭載した「トゥインゴS」が登場! 税込価格は179万円

 新型では、SUVテイストを強めた新グレード「ハイブリッドMF」を、トップグレードとして新たに追加。シルバーのスキッドプレート調デザインの専用フロントバンパーや、一部シルバー塗装を施したリヤバンパー、ルーフレール、フェンダーアーチモール、サイドアンダーモール、防汚ラゲッジフロア、高級感のあるレザー調シート表皮を採用し、アウトドアレジャーをはじめとするアクティブなライフスタイルのユーザーに向けたグレードだ。インテリアのアクセントカラーはカーキとガンメタリックの2色を設定する。

 全グレード共通の変更点として、エクステリアはフロントグリルやリヤバンパーが新デザインとなり、より力強いイメージが高められた。ボディカラーには新色のタフカーキパールメタリックが加わり、ブラック2トーンルーフを含めた全16パターンを設定。


 インテリアでは、シート表皮やメーターのデザインを刷新したほか、インサイドドアグリップのアクセントカラーに新色のブルーとガンメタリックを設定(ハイブリッドMGはブラック内装)。


 そのほか、夜間の降車後にヘッドランプが一定時間点灯して周囲を照らすことに加えて、乗車前にキーリモコンにより遠隔でドアロックを解除した場合にも自動でヘッドランプが点灯するガイドミーライト機能を採用したオートライトシステム(スズキ国内車初)を、全車に標準装備。


 また、従来は4WD車のみの設定だった助手席シートヒーターが全車標準に。ハイブリッドMGを除く全車には、助手席シートサイドポケットも装備された。


 なお、パワートレインは従来モデルから変更はなく、91psと118Nmを発揮する1.2L直列4気筒エンジンにモーターを組み合わせるマイルドハイブリッドが、引き続き搭載されている。


●新型「スズキ・イグニス」モデルラインナップ
・ハイブリッドMG:152万2400円(FF)/165万8800円(4WD)
・ハイブリッドMX:165万円(FF)/178万6400円(4WD)
・ハイブリッドMZ:178万8600円(FF)/192万5000円(4WD)
・ハイブリッドMF:183万9200円(FF)/197万5600円(4WD)
※価格は消費税込み

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します