サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「片側200mmワイドのトヨタ86!?」326POWERのガチャバリワイドが異次元すぎる!【東京オートサロン2020】

ここから本文です

「片側200mmワイドのトヨタ86!?」326POWERのガチャバリワイドが異次元すぎる!【東京オートサロン2020】

同社3Dスターエアロとの相性もバツグン!

どんなホイールサイズもらくらく飲み込むフェンダーが圧巻!

【東京オートサロン2020】イベントを彩るコンパニオン特集 Part.2 (CLUB RH9/t-get & WING-TAKEO & ART TECH HANATSUKA & JUN AUTO)

326POWERといえば、鬼キャンを軸としたカスタムスタイルを提唱し続け、数々のトレンドを生み出してきた広島県を代表するカスタムショップ。そんな同社が東京オートサロン2020に持ち込んだのは、極限まで車高が落とされたGRスープラと、新作フェンダーを装着したシルビア(S15)、そしてここで紹介するワイド&ロー仕様の86(ZN6)だ。

この86(ZN6)には、3Dスターの3点エアロに加え、昨年の8月にリリースされたガチャバリワイドと名付けられたフェンダーキットが装着され、その圧倒的なワイド&ロースタイルは注目の的だった。

このクルマのイメージを決定付けているガチャバリワイドフェンダー(前後セット:25万円)。フロントが片側150mm、リヤは驚異の200mmワイドという設定だ。

フェンダーはフロントもリヤも直線的かつ幾何学的なラインでデザインされており、どの角度から見てもダクトが確認できるという大胆さだ。

326POWERでベストセラー製品となっている満力ウイングもバージョンアップ。このフェンダーに合わせて大型化されたガチャバリウイング(10万円)としてリリースされている。

組み合わされたホイールはヤバキングの2ピース。前後ともに12.5Jの18インチという強烈なサイズだ。

「いや~、さすがにここまでワイドになるキットだと国内じゃそんなに売れないでしょうね。まぁでも宣伝のためというのもあるし、海外ウケを狙ってるところもあるんで、これでいいんですよ~」と春口代表。たしかに賛否両論かつ好き嫌いが分かれそうなスタイルだが「もう普通のワイド&ロー仕様じゃ満足できない! 唯一無二の個性を出したい!」というユーザーなら、一考の余地ありだ。

●取材協力:326パワー TEL:082-426-3260

【関連サイト】

326POWER

http://www.326power.co.jp/

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します