現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2023年WRC第7戦開幕、他のイベントとはキャラクターが大きく異なる伝統のグラベルラリー【サファリラリー ケニア プレビュー】

ここから本文です

2023年WRC第7戦開幕、他のイベントとはキャラクターが大きく異なる伝統のグラベルラリー【サファリラリー ケニア プレビュー】

掲載 1
2023年WRC第7戦開幕、他のイベントとはキャラクターが大きく異なる伝統のグラベルラリー【サファリラリー ケニア プレビュー】

2023年6月22日から25日にかけて、世界ラリー選手権(WRC)第7戦サファリラリー ケニアが首都ナイロビ近郊のナイバシャを起点に開催される。かつてほどではないが特殊でタフなラリーであることには変わりなく、路面が荒れているときは我慢し、適切なタイミングでハードにプッシュするなど、忍耐力と判断力が求められる。

例年トラブル続出のサファリ、速さと耐久力が求められる
今年で70周年を迎えるサファリラリーは、数あるWRCイベントの中で最も過酷なラリーのひとつとしてよく知られている。ただその特殊性からしばらくカレンダーから外れ、2021年に19年ぶりにWRCに復帰した。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

かつてのサファリラリーは、開催日数も走行距離も非常に長く、コースも完全には閉鎖されていない一般道を使用するところもあり、他のWRCイベントとは大きく異なるスタイルを特徴としていた。2021年に復活してからは、他のWRCイベントと同様の比較的コンパクトなフォーマットで開催されているが、それでも場所によって路面が非常に荒れていたり、突然の大雨で路面が瞬時に泥状になるなど、依然として他のラリーと大きく異なるキャラクターを備えている。ラリーは非常にタフで、運にも大きく左右されるとも言われる。

ラリーの中心となるサービスパークは、今回も首都ナイロビから北側に約100km離れたナイバシャ湖の近くに置かれる。

6月21日(水)の午前中にはサービスパークの近郊でシェイクダウンが行われ、22日(木)はナイロビに移動して町の中心部でラリーがスタート。午後2時過ぎからナイロビ近郊のカサラニで4.84kmのスーパーSSが行われ、競技が始まる。

23日(金)はナイバシャ湖を中心に、反時計回りに3本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行。24 日(土)は今大会最長の一日となり、エルメンテイタ湖まで北上し、3本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行する。

最終日の25日(日)は再びナイバシャ湖周辺に戻り、3本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行、最終のSS19「ヘルズゲート2」は、トップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーに、ボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されている。

4日間で19本のステージを走行し、その合計距離は355.92km。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は1190.79kmとなる。

2022年はトヨタが歴史に残る1-2-3-4フィニッシュを達成
2022年のサファリラリー ケニアでは、トヨタのカッレ・ロバンペラが優勝、エルフィン・エバンスが総合2位、勝田貴元が総合3位、セバスチャン・オジェが総合4位と、トヨタが1-2-3-4フィニッシュという歴史的勝利をあげた。

かつてのような長距離ラリーではないものの、タフであることに変わりはなく、ヒョンデのオイット・タナック、ティエリー・ヌーヴィル、M-スポーツ・フォードのセバスチャン・ローブ、クレイグ・ブリーンが次々とメカニカルトラブルに見舞われた。

4台のトヨタもオジェが初日に首位走行中のパンクで後退するなど無傷ではなかったが、大きなトラブルにはならず、ロバンペラはそのオジェのタイヤトラブルで首位に浮上すると、以降は1度もその座を譲ることなくフィニッシュまで走り切った。

【参考】2022年WRC第6戦サファリラリー・ケニア 結果
1位:K.ロバンペラ(トヨタ GRヤリス ラリー1)3h40m24.9s
2位:E.エバンス(トヨタ GRヤリス ラリー1)+52.8s
3位:勝田貴元(トヨタ GRヤリス ラリー1) +1m42.7s
4位:S.オジェ(トヨタ GRヤリス ラリー1) +2m10.3s
5位:T.ヌーヴィル(ヒョンデ i20 N ラリー1))+10m40.9s
6位:C.ブリーン(フォード プーマ ラリー1)+23m27.9s
7位 :J.セルデリディス (フォード プーマ ラリー1)+30m16.5s
8位 :S.ローブ(フォード プーマ ラリー1)+32m12.6s
9位 :K.カエタノビッチ (シュコダ ファビア ラリー2 エボ)+35m37.6s
10位 :O.ソルベルグ(ヒョンデ i20 N ラリー1)+37m36.6s

今シーズンの流れを見ると、開幕戦でフォードが優勝した後、トヨタが3連勝。前戦第5戦ラリー・イタリア サルディニアでヒョンデのヌーヴィルがようやく今季初優勝をあげた。ラリー・イタリア サルディニアでは、2位にもエサペッカ・ラッピが入り、ヒョンデが1-2フィニッシュと調子を上げてきている。

一方のトヨタは、ラリー・イタリア サルディニアで優勝を狙っていたオジェが、金曜日午後、タイヤ選択とセッティングが路面に合わずに失速。さらに土曜日午後、雨の中、コーナーを曲がり切れずにコースアウトしてリタイアとなった。トヨタでは、ロバンペラが不利なスタート順もあって無理に優勝は追わず3位に入っている。

今シーズンはここまでトヨタのロバンペラがドライバー選手権首位をリード、マニュファクチャラーズ選手権でもトヨタが有利に進めているが、昨年1-2-3-4フィニッシュを達成したラリーで、選手権トップの座を確かなものにしたいところだろう。

2023年 WRCドライバーズランキング(第6終了時)
1位 K.ロバンペラ(トヨタ) 118
2位 T.ヌーヴィル(ヒョンデ)93
3位 O.タナック(Mスポーツ フォード)85
4位 E.エバンス(トヨタ)83
5位 S.オジェ(トヨタ)70
6位 E.ラッピ(ヒョンデ)67
・・・・・・・
8位 勝田貴元(トヨタ)23

2023年WRCマニュファクチャラーズランキング(第6戦終了時)
1位 トヨタ 235
2位 ヒョンデ 212
3位 Mスポーツ フォード 148

[ アルバム : WRC第7戦サファリラリー ケニア プレビュー はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

モトグラフィックスのヤマハ TRACER7用「ボディパッド/ハンドガードプロテクター」がネクサスから発売!
モトグラフィックスのヤマハ TRACER7用「ボディパッド/ハンドガードプロテクター」がネクサスから発売!
バイクブロス
「TRDオフロード」、トヨタの新型ピックアップトラック『タコマ』に設定…ビルシュタイン製サス装着
「TRDオフロード」、トヨタの新型ピックアップトラック『タコマ』に設定…ビルシュタイン製サス装着
レスポンス
サイン・ハウスが B+COM シリーズの新製品「B+COM SX1」を発表!
サイン・ハウスが B+COM シリーズの新製品「B+COM SX1」を発表!
バイクブロス
スーパーフォーミュラ合同/ルーキーテスト、注目の参加ドライバーリストが発表。F2王者プルシェールなど外国人ドライバーも多数……計32名の大所帯!
スーパーフォーミュラ合同/ルーキーテスト、注目の参加ドライバーリストが発表。F2王者プルシェールなど外国人ドライバーも多数……計32名の大所帯!
motorsport.com 日本版
「ローテーション」するとタイヤの寿命が延びる!? なぜ「前後交換」が推奨される? タイヤを長持ちさせる“コツ”とは
「ローテーション」するとタイヤの寿命が延びる!? なぜ「前後交換」が推奨される? タイヤを長持ちさせる“コツ”とは
くるまのニュース
日本で一番「軽自動車が大好きな県」とは? 全国調査で明らかに 都民もかなりの軽好き?
日本で一番「軽自動車が大好きな県」とは? 全国調査で明らかに 都民もかなりの軽好き?
乗りものニュース
めちゃめちゃ安くて手軽なのに雰囲気激変ってやるしかない! いまホイールキャップのドレスアップが盛り上がっていた
めちゃめちゃ安くて手軽なのに雰囲気激変ってやるしかない! いまホイールキャップのドレスアップが盛り上がっていた
WEB CARTOP
アウディ最後の「直5エンジン」となるか? 高速コンパクトセダン『RS3』の進化とは
アウディ最後の「直5エンジン」となるか? 高速コンパクトセダン『RS3』の進化とは
レスポンス
MotoGPの大型新人ペドロ・アコスタ、タイトル争いの”予定”を考えるのは非現実的? 「テスト1回で話すのは馬鹿げている」
MotoGPの大型新人ペドロ・アコスタ、タイトル争いの”予定”を考えるのは非現実的? 「テスト1回で話すのは馬鹿げている」
motorsport.com 日本版
“講師と生徒”の関係から、チームメイトに。野尻智紀がスクール時代に感じていた岩佐歩夢の才能「どうして曲がらないのか、それを正しく判断できていた」
“講師と生徒”の関係から、チームメイトに。野尻智紀がスクール時代に感じていた岩佐歩夢の才能「どうして曲がらないのか、それを正しく判断できていた」
motorsport.com 日本版
日産「GT-Rステーションワゴン」出現! ド迫力ウイング&MT採用! 激レアすぎる“爆速モデル”が米で高値に
日産「GT-Rステーションワゴン」出現! ド迫力ウイング&MT採用! 激レアすぎる“爆速モデル”が米で高値に
くるまのニュース
軽快でコーナリングが楽しい! ヤマハから新発売された原付二種ネイキッドスポーツ『MT-125』に乗ってみました!!
軽快でコーナリングが楽しい! ヤマハから新発売された原付二種ネイキッドスポーツ『MT-125』に乗ってみました!!
バイクのニュース
ロータリーエンジンが帰ってきた! プラグインハイブリッドの動力源でも復活は嬉しいです【Key’s note】
ロータリーエンジンが帰ってきた! プラグインハイブリッドの動力源でも復活は嬉しいです【Key’s note】
Auto Messe Web
ヤナセ、中古車ショールーム「ヤナセ ブランドスクエア浦安」をリニューアルオープン、記念フェアも開催。
ヤナセ、中古車ショールーム「ヤナセ ブランドスクエア浦安」をリニューアルオープン、記念フェアも開催。
Webモーターマガジン
アルファロメオ、F1の次の目標はWEC参戦。同社CEO明かす「F1の効果は絶大だったが、ザウバーとの関係をコピペするつもりはない」
アルファロメオ、F1の次の目標はWEC参戦。同社CEO明かす「F1の効果は絶大だったが、ザウバーとの関係をコピペするつもりはない」
motorsport.com 日本版
トヨタ「ミライ」一部改良で安全装備や先進機能を充実
トヨタ「ミライ」一部改良で安全装備や先進機能を充実
Auto Prove
レクサスRZが一部改良! FWDモデルの「RZ300e」も追加
レクサスRZが一部改良! FWDモデルの「RZ300e」も追加
THE EV TIMES
ラッセル、F1パドックの健康問題に警鐘「1年で24戦に参加することが持続可能だとは思わない」
ラッセル、F1パドックの健康問題に警鐘「1年で24戦に参加することが持続可能だとは思わない」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村