サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > サーキットで「遅い人」は「普段の運転」にも問題ありのケース多し! 「プロ」のダメ出し率が高い「残念な運転」3つ

ここから本文です

だからタイムが出ない!? 一般道でも役に立つ気をつけるべき「運転方法」とは

 アクセルやコーナリングワークなど、何もかも弱々しく走るのも良くないが、だからといってただガムシャラに、根性や勢いにまかせて、ブレーキを我慢して遅らせたり、目を三角にしてコーナーに突っ込んだとしても、タイムの短縮には決してつながらない。

運転の上手い下手が一目でわかる! クルマの動きが良くなる「ハンドルの握り方」

 これらはサーキットで良いタイムを出すための、最低限の鉄則と言えるだろう。ただ言いたいことは分からないでもないが、なんだか中身が抽象的すぎてよく分からない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン