サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 交通事故の発生リスクを予測・可視化…年内にサービス実用化

ここから本文です
三井住友海上火災保険、MS&ADインターリスク総研は6月20日、AI(人工知能)技術を活用した交通事故発生リスクを予測・可視化するサービスの開発に向けて新居浜市での実証実験で有効性が確認できたことから、2022年度中に実用化すると発表した。

実証実験は第1弾としてMS&ADインターリスク総研が保有する交通リスクマネジメントに関する知見に加え、新たにAI技術を活用し、交通事故発生箇所データ、自動車走行データ、道路構造データ等を基に、道路(区間)約1000km、交差点6700カ所の事故発生リスクを算出。

おすすめのニュース

サイトトップへ