サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2戦続けての厳しい視線「まだF1のコツをつかめていない」/角田裕毅の海外メディア評 F1第3戦

ここから本文です
 前戦エミリア・ロマーニャGPに続き、F1第3戦ポルトガルGPも角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)にとって厳しいレースとなった。予選ではタイヤのグリップに苦しみ14番手。決勝でもペースを上げることができず15位でレースを終えた。角田にとっても求めていたような結果ではなかったが、海外メディアは彼のレースをどう見たのだろうか。今回も採点を通して彼らの評価をみていこう。

 20人のドライバー全員を10点満点で採点するイギリスの放送局スカイ・スポーツは角田に、レース序盤にチームメイトとの接触で姿を消したキミ・ライコネン(アルファロメオ)と同じ5点の裁定を下した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン